1. >
  2. >
  3. >
  4. 子どもの育つスピードは、早くなっていないんです。

子どもの育つスピードは、早くなっていないんです。

子どもの育つスピードは、早くなっていないんです。のタイトル画像

私たちの生活の様々な場面は機械化したり、効率化したりして、スピードが早くなっています。しかし、そんな中でも早くなっていないものがあるのです。

どんどん効率化の進む世の中

この10年、技術の進歩やネットの普及によって生活に関する様々なことの時間は、機械化・効率化されて、ますます早くなりました。

例えば料理。

時短レシピや調理器具の発展、食品・調味料の開発などによって、短くできるようになりました。

例えば、パソコンやテレビ、電子機器。

処理速度があがっているから、機械の反応はますます早くなっています。
昔はパソコンが立ちあがるのに何分もかかっていたのに、今は少し画面が切り替わるのが遅いだけでもイライラしてしまうなんてこともあるのではないでしょうか。

例えば通信。

家族や友人、知人、仕事のやりとりも、携帯、スマホ、SNSと、早く繋がること、すぐに届くことがどんどん当たり前になっています。

また町に出れば、お店のサービスも、機械の導入やマニュアル、オペレーションの効率化によって、早くなっているものが少なくありませんよね。

こうしたスピードアップの魅力というのは、本当に世の中にたくさんあるでしょう。

その中で、スピードが変わらないもの

子どもの育つスピードは、早くなっていないんです。の画像2

スピードが早くなっているということは、言い換えると、生活の中で「待つ時間」が短くなっていることでもあります。

そして人間は、習慣の生き物ですから、待ち時間が短いことに慣れるということは、待つことにストレスを感じやすくなっているといことでもあるのです。


しかしそんな生活の中で、一つ、全然早くなっていないものがあります。


それは、

「子どもが育つスピード」です。

歩く早さ。

食べる早さ。

遊ぶ時間。

迷う時間。

葛藤したり、気持ちを落ち着ける時間。


子どもの時間は、

人間が成長する時間は、

早くなっていないのです。

子どもの育ちには「待つ」ということが必要

子どもの育つスピードは、早くなっていないんです。の画像4

そして早くなっていないということは、待つことが必要ということです。

目の前の子どもを待つ時間は、そのまま子どもの育ちを待つ時間になります。

忘れないでほしい。

どれだけ生活のスピードが早くなっても、子どもが育つ時間は早くなっていない。

ゆっくり、じっくり、育っていく。

このことにあらためて心をかけながら、

時々ふぅっと深呼吸をして、

のんびり子どもの時間を待ってみてください。

わが子の素敵な育ちの新たな姿を、発見できるかもしれません。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

子どもの成長・発達 子育て・育児

この記事を書いた人

矢生秀仁

こども環境デザイン研究所 代表
「正解のない自分の考えや気持ちを自由に表現する面白さ」をコンセプトに全国の保育園、幼稚園、小学校をはじめ様々な場所で創造的なワ...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 子どもの育つスピードは、早くなっていないんです。