1. >
  2. >
  3. >
  4. イライラ解消!自信と調和を育むヨガのグラウンディングとは?

イライラ解消!自信と調和を育むヨガのグラウンディングとは?

イライラ解消!自信と調和を育むヨガのグラウンディングとは?のタイトル画像

こんにちは。美姿勢インストラクターの美宅玲子です。日々、することに追われて駆け足状態であったり、わけもなく不安に襲われたり、現実から目を反らしたくなったりすることはありませんか?地に足のつかないような、そわそわして落ち着かない状態から、落ち着いて自信が湧いてくる、地に足の着いた状態へと自分を導いていくヨガを、今回はご紹介いたします。

地に足がつく落ち着き~グラウンディングとは

大地に根を張り、力強く伸びていく樹木のように、地球の一部である私たちも大地に足を着き、幹のように背骨を伸ばし、安定して立つことができます。それは言い換えると、落ち着いて自分や周りを信頼し、自分の軸を持ってそれに納得して行動し、心身や周囲と調和を保っている心の状態、とも言えます。そういった安定・調和的な心身の状態を指して、グラウンディングと言います。

イライラ解消!自信と調和を育むヨガのグラウンディングとは?の画像1

フワフワ・イライラして不安定な状態になりがちな私たち

しかし私たちは、予測不可能な子どもの行動やトラブル、思うようにいかない日常に心がフワフワ・イライラと乱されることがよくあります。

その時に自分なりの軸や基準、方向がはっきりしていないと、その時その場によってふらふらと感情に流されやすくなったり、不安になったり、心と体のバランスを崩して病気になったりすることもあります。もちろん頑固にならない適度なフワフワ感は必要で、それが信念に基づいたフットワークの軽さであったり、変化に対応できる柔軟性であったり、臨機応変な対応の機敏さであったりもします。

イライラ解消!自信と調和を育むヨガのグラウンディングとは?の画像2

グラウンディングを体感・チェックしてみよう

仰向けに横たわります。ふかふかのベッドではなく、カーペットや畳程度は硬さのある床の上が望ましいです。

①自分の体と床の接している部分を意識してみましょう。
後頭部、肩、背中、お尻、もも、ふくらはぎ、かかと、腕、手の甲…。
床と接している面の重さを感じてみましょう。
一番重たく床に着いている(沈んでいる)のはどのあたりでしょうか。
よりリラックスしている部分は、深く重く沈みます。

②床と接している面積の広さを感じてみましょう。
心や体の緊張がほぐれ、自分自身や周囲に対して信頼し、自信がある時ほど、安心して体を大地に委ねることができるので、床と接する面積は広くなります。また、温かくも感じます。

イライラ解消!自信と調和を育むヨガのグラウンディングとは?の画像3

グラウンディングを深めてみよう

今の床(大地)と自分とのつながりの状態を確認できたら、さらに床と接する面積を広く、深く、温かく感じるグラウンディングを体感するレッスンをしてみましょう。

呼吸を観察します。呼吸が均等でスムーズになっていきます。ゆっくりと深い呼吸になっていきます。
特に、息を吐いている時は、熱気球の空気が冷えて減り、地面に下りるような、浮き袋から空気が抜けて深海に沈んでいくようなイメージで、体の中から余分な緊張や力が抜けて、大地へ・床へと体重を預け、委ね、安心して沈めていくようにします。(歯医者さんで治療を受ける時は、いくらリクライニングシートに寝ているとはいっても、緊張して体が反ったり浮いたりしますよね。その逆を、呼吸によって体現していきます。)

体の状態からも心の変化は生まれます。
肩を落としていると気分が沈み、胸を開いていると気分が晴れてくるのと同じように、体がしっかりと床(大地)に根づく感覚を覚えることで、心の落ち着きを取り戻します。

おわりに

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

美宅玲子

ヨガ・ピラティス・美姿勢インストラクター。
東京学芸大学教育学部卒。中学から大学まで陸上競技(100mH、走幅跳)に打ち込み、全日本インターカレッジ出場。姿勢...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. イライラ解消!自信と調和を育むヨガのグラウンディングとは?