1. >
  2. >
  3. >
  4. 子どもが「ノロウイルス」にかかる恐怖のハンパなさ!

子どもが「ノロウイルス」にかかる恐怖のハンパなさ!

子どもが「ノロウイルス」にかかる恐怖のハンパなさ!のタイトル画像

まさかの大晦日と元旦に起こった出来事です。(今回は汚い表現が含まれますのでご注意ください!!)

三男を妊娠中の大晦日。それは突然やってきました。

昨年の大晦日。夫の実家に帰省していた私たち家族。普段と変わりなくワイワイ賑やかに過ごし、やっと子どもたちを寝かせてほっと一息。

今年ももうじき終わるね~などと話しながらくつろいでいると、


先ほど寝ついたばかりの長男がおもむろに起き上がり、

子どもが「ノロウイルス」にかかる恐怖のハンパなさ!の画像1

突然嘔吐!

大慌てでビニール袋、着替え、タオルを引っ張り出し、
着替えさせ、汚れた衣服とシーツをビニールに入れ、夜でしたが一旦布団をベランダに出しました。



全て出し切ってスッキリしたのか、うがいをしてそのまま何もなかったように再び眠りにつく長男。

ここからが本当の恐怖の始まり・・・。

長男が落ち着いたのを確認し、先程の衣類・シーツ・布団を消毒。


そして翌朝・元旦。

昨晩はそのまま起きることなく眠っていた長男。普段通り、起きてきました。
念のため朝食は軽めにしましたが、そのまま嘔吐することなく過ごしました。



良かった・・・。



そしてその日の夕方。

子どもが「ノロウイルス」にかかる恐怖のハンパなさ!の画像2

なんとなくグズグズの次男。


この時私のお腹には三男がいたため、次男はちょうど赤ちゃんがえりをしている時期でした。
またいつものグズグズかな・・・それとも・・・。

なんとなく嫌な予感がするものの、いつも通り次男をおんぶする私。(次男がグズグズするときはいつもおんぶで過ごしていました。)




そのまま背中でウトウトする次男。



眠たかったのか・・・と思った次の瞬間!!!!

子どもが「ノロウイルス」にかかる恐怖のハンパなさ!の画像3

背中で嘔吐ー!!!!


嫌な予感的中。

おんぶという高い位置から嘔吐したため、見事なまでに広範囲に散乱。私の肩ごしに嘔吐したため次男の衣服は汚れておらず、抱っこ紐と私の衣服は全滅。

一旦次男をおろし、汚れた衣服、抱っこ紐をビニール袋に。次男にうがいをさせて、

子どもが「ノロウイルス」にかかる恐怖のハンパなさ!の画像4

タンクトップに妊婦パンツというあられもない姿で床を掃除する私 in 夫の実家。
騒ぎに気づいた夫のお母さんが慌ててとんできて、「やっとくから!!先に着替えておいで!!」と言ってくれました。


長男同様、出し切った次男はケロッと元気でした。念のため次男も着替えさせ、自分自身も着替え、床の大掃除と消毒。衣服も消毒。



『夫の実家で嘔吐連鎖とパンツ公開』という、なかなかハードな年越しとなったのでした。

ノロウイルスにアルコール除菌は効かない!!

ご存知の方も多いと思いますが、ノロウイルスにアルコールは効かないんですよね!!

私も初めて知った時はびっくりしました。その時に知った消毒方法は『自宅で簡単に作れる塩素系消毒液』を使う方法でした。

子どもが「ノロウイルス」にかかる恐怖のハンパなさ!の画像5

塩素系漂白剤(ハイターなど。ワイドハイターは酸素系なので×)よく洗ったペットボトルに水を半分位入れ、ハイターをキャップ2杯入れる。さらに水をいっぱいになるように入れて、きっちり蓋をし、よく振って完成。これで消毒しました。詳しい作り方や消毒方法などは「ノロウイルス 消毒方法」などで検索すると詳しく出てきます。

あくまでうちの場合ですが、ノロウイルスが原因の胃腸炎の場合、1~2回嘔吐した直後にケロッと元気な事が多いです。
ですが何度も嘔吐してしまう場合は脱水などに注意が必要です。一般的に、嘔吐した直後は数時間なにも経口摂取で食事をしてはいけないと小児科でも教わりましたが、泣いて泣いてどうしても欲しがる場合は氷や飴を砕いたもの(極小粒)を少しずつ口に入れていました。


現在、子どもたちが通う保育園でも胃腸風邪が大流行中です。

毎日ドキドキしながら過ごしています。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 病気 感染性胃腸炎

この記事を書いた人

ホリカン

はじめまして!!ご覧頂きまして誠にありがとうございます。主婦力0で結婚・いつのまにやら4児の母になった、年中空回っている「空回り母ちゃん」ことホリカンと申します...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 子どもが「ノロウイルス」にかかる恐怖のハンパなさ!