1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 下痢に発熱・・・初の子連れ海外旅行で、私が後悔している3つのこと

下痢に発熱・・・初の子連れ海外旅行で、私が後悔している3つのこと

下痢に発熱・・・初の子連れ海外旅行で、私が後悔している3つのことのタイトル画像

息子が生後8ヶ月の時に、初の海外旅行に行きました。しかし、途中で息子が発熱し、とても焦ったので、やっておけばよかったと後悔したことをまとめてみました。

シルバーウィークを利用して日本からベトナムのダナンへ

何を思ったか、ベトナムという暑い国へ、最高に暑い時期に旅行することになったのです。気温の差が激しいこと、初めての飛行機、様々な人とのふれあいなど、いつもはしない経験を多くしました。その結果、旅行中にハプニングが起こりました。

下痢に発熱・・・初の子連れ海外旅行で、私が後悔している3つのことの画像1

旅行2日目に息子が下痢

二日目の朝、息子を抱っこしていたら、きばっている様子だったのでしばらくそのままにしていました。

すると、なんとうんちが漏れているではありませんか!!ここ最近離乳食もかなり進み、固形便が出るようになっていたのですが、このときはかなり緩めの便でした。そのため、足をつたってうんちが滴ってしまったのです。

その時はかなり焦りました。新興国では、水、食事などは気をつける必要があると言われていました。そのため、できるだけ食事等も果物のみあげるというようにしていました。それなのにどうして??とかなり不安になりました。

なんとかオムツ替えも終わり、一息ついて冷静になった後、よくよく考えてみました。普段と違う環境に行くとストレスにより、下痢になる場合もあると言われているので、そのせいもあるのかな?と思いました。また、幸い、シャバシャバ、ピーピーの状態ではなく、柔らかいくらいの、母乳だけ飲んでいた時のような軟便だったので、少し様子を見ることにしました。

旅行3日目に発熱

三日目の朝、起きてすぐに息子の頭が熱いと感じました。機嫌も悪く、いつも以上に汗をかいていたため、もしやと思い体温計を当ててみると、まさかの37.6℃です。泣いておっぱいをせがむ息子を見て、昨日の焦りが再発しました。この日は、起きたばかりにも関わらず、そのまま寝かせることにしました。

なかなかぐずぐずして寝付けなかったようですが、30分ほどかけて寝付いてくれました。熱が38℃を超えるときように持ってきていた解熱剤を使うようにして、様子を見ることにしました。後から思うと、知恵熱のようなものだったのかと思いますが、とにかく不安でした。

後悔1:突発性発疹の対処法を事前に主治医に聞いておくべきだった

発熱した時にまず最初に疑ったのが突発性発疹です。

突発性発疹とは、それまで元気だった赤ちゃんが急に38~39度、ときには40度近い高熱を出します。
高熱のわりには元気で、熱は3~4日続いたあと、ストンと平熱か37度台くらいまで下がります。
それと同時か翌日くらいに、おなかや背中を中心に大小不規則な赤い発疹が出て、半日くらいで全身に広がるという病気です。

下痢に発熱・・・初の子連れ海外旅行で、私が後悔している3つのことの画像2

異国の地なので、このままひどくなったらどうしよう?とか、対処法はどうなんだろう?と、その時になってかなり調べました。この月齢ならば、この病気にいつなるかわかりませんが、大抵の赤ちゃんがなると聞いています。そのため、旅行中に、もしなってしまった場合を想定して、出発前に主治医に聞いておくことが大事だと思いました。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

西村 史子

こんにちは。子連れベビーシッターの西村史子です。

教員として様々な種類の学校で勤務をし、子どもの個性を決定するのは幼少期がとても重要だということを実感しま...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 下痢に発熱・・・初の子連れ海外旅行で、私が後悔している3つのこと