子どもだって慣れない環境では、身体はもちろん心が疲れることもあります。小1プロブレム、中1ギャップと、子の環境が激変する時期は必ずあるものです。



親もその変化についていくのが必死になってしまいがちですが、そういう時こそ、意識的に少しだけ家事の手を止めて、子どもの状況や心に寄り添う余裕を持ちたいものですね。



参考文献:小1PROBLEM HandBook (月森久江監修/講談社刊)、頭がいい子の生活習慣 なぜ秋田の学力は全国トップなのか(阿部 昇/ソフトバンククリエイティブ刊)