1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 我が家の断乳体験談!断乳成功の2つの作戦とは?

我が家の断乳体験談!断乳成功の2つの作戦とは?

我が家の断乳体験談!断乳成功の2つの作戦とは?のタイトル画像

「本当はずっと飲ませてあげたいけど・・・」1歳過ぎてどうしても断乳せざるを得ない状況だった我が家での断乳体験談です。我が家の断乳成功に向けての作戦は2つ!ぜひ参考にしてみてください。

amiのアイコン ami

作戦1.おっぱいに、へのへのもへじ!

産後から母乳メインで与えていましたが、どうしても仕事の都合で約2週間子どもと離れて業務をしなければいけない事態にぶち当たりました。そこで「1歳になったことだし、断乳しよう!」と決めたのです。



断乳について色々調べてまずは、簡単そうな「おっぱいにへのへのもへじを書いてみる」という作戦を決行してみました。が、全くの無反応!画力が足りなかったのでしょうか・・・。効果はありませんでした。

作戦2.三日三晩、心を鬼に!

とにかく、どうしてもおっぱいを卒業しなければいけないので決行日を決めて、その夜からどんなに泣いてもわめいても「おっぱいあげない!」という姿勢を貫きました。できればパパもお休みだったり、早く帰ってくる日に設定すると、助けてもらえるのでおすすめです。



我が家の場合、この作戦を始める以前にすでに日中は断乳できていたので、問題は夜だけだったのです。それにしても本当に心が何度折れそうになったことか。そういう意味でも、パパがいると精神面でも心強いです。



そして夜の長いこと・・・。子どもが泣き疲れて眠るまで、長い長ーい戦いでした。3日同じことを繰り返して、夜の授乳は卒業できました。

断乳成功、その後・・・

授乳は卒業でき「やれやれ」と思っていましたが、今度は、気付くと寝るときにおっぱいを触りながら寝る癖ができてしまいました。どうしても触らないと眠れないようで、かかりつけ医や周囲に相談しても、なかなか解決できないまま時が過ぎていきました。そしてとうとうこの癖が卒業できたのは、つい最近2歳半過ぎてからでした。



そもそも断乳するだけでも大変な苦労ですし、「ずっと泣かせ続けたままになんてできない!」と思うママさんもいらっしゃるかもしれません。でも、おっぱいを卒業すると、良く食べるようになる、親も子も朝までぐっすり眠れるというメリットも我が家ではありました。



「おっぱいをあげなかったらママの事を慕ってくれないんじゃないかな?」と不安に思ったりするかもしれませんが、大丈夫!おっぱい卒業しても、ママ大好きですから!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

赤ちゃんのお世話 授乳・ミルク 卒乳・断乳

この記事を書いた人

ami

趣味は読書。小さい頃は小説家になって海外移住することが夢だったが、小説が全く書けず挫折。それでも作文論文は得意だった。大学入試は英文科を目指していたものの、申し...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 我が家の断乳体験談!断乳成功の2つの作戦とは?