1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【幼児教育】1歳半~3歳でも気軽にできる英語教育~親子で英語のコミュニケーション遊びを始めてみよう

【幼児教育】1歳半~3歳でも気軽にできる英語教育~親子で英語のコミュニケーション遊びを始めてみよう

【幼児教育】1歳半~3歳でも気軽にできる英語教育~親子で英語のコミュニケーション遊びを始めてみようのタイトル画像

1歳半を過ぎるとだいぶ親御さんとの意思疎通ができるようになってきます。また、言語面においても、2語~3語の単語を繋げて文章で話せるようになってきます。そこで、普段行う「日本語のコミュニケーション」プラス、親子で英語教育を楽しんで見ると楽しいですよ。

今回は1歳半~3歳ぐらいのお子様が楽しめる「英語でコミュニケーション」の方法をご紹介します。

幼児向け英語教材システムを使ってコミュニケーション!

英語が苦手な親御さんでも、自宅で簡単にできる「幼児向けの英語教材システム」を使う方法を紹介します。



有名なディズニー英語システム(DWE)やベネッセワールドワイドキッズ(WKE)などでは、DVDを親子で一緒に見て、DVDに出てきた玩具や絵本を使って親子で一緒に英語でのコミュニケーションが楽しめるような作りになっています。



親御さんに向けてのガイドもあり、「何をしたらいいの?」とまったくわからなくても安心して楽しみながら取り組むことができます。こういったシステムでは、幼児に必要な語彙やコミュニケーションに使う表現を自然な形で身に着けるような体験ができるように工夫されています。



子どもが大好きな歌や読みにつながるプログラムもあり、量も豊富ですし、長く使えますよ。我が家でも娘が1歳半~3歳頃までのんびり遊びました。今3歳の息子とも楽しんでいます。



気になる方はぜひ無料サンプルを取り寄せてみてくださいね。無料のものだけでも十分楽しめます。

ディズニーの英語システム

ワールドワイドキッズ

【幼児教育】1歳半~3歳でも気軽にできる英語教育~親子で英語のコミュニケーション遊びを始めてみようの画像1

手軽な教材、絵本やDVD、YouTubeの動画でも!

ただ、幼児向けの英語教材システムは高価なものが多いので、購入したくない方もいらっしゃると思います。その場合は、わりと安めの教材(DVDや絵本やCD)やネイティブ圏の子ども達が楽しむようなDVD、YouTubeを一緒に見て主人公がよく言うセリフを同じようなシーンで使って遊んでみるのもおすすめです。



例えば、七田式の教材「さわこの一日」は、2歳のさわこちゃんの日常を絵本形式で紹介するもの。内容はものすごく簡単です。絵本として読み聞かせて楽しむこともできるし、ネイティブの音声が収録されたCDもついているのでBGMとしてかけ流し、親御さんが生活の中で自然に英語を使えば、子どもは自然に覚えて日常生活の中で使ってくれるようになります。

その他にもこちらのお母さん向け教材ならこちらがおすすめ。

英語で話しかける前に、歌などで英語に親しんでもらう

関連する記事

この記事に関するキーワード

遊び・教育 教育 幼児教育 英語教育

この記事を書いた人

チャンディ

小学2年生、幼稚園中さんの子供をもつ主婦です。
以前はIT関係の講師、ブライダル司会の仕事に携わっていました。
プロ家庭教師として働いたこともあります。
...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【幼児教育】1歳半~3歳でも気軽にできる英語教育~親子で英語のコミュニケーション遊びを始めてみよう