1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 習い事は子どもの「やりたい」を待ちたい…ヤキモキしたけど、ついに来たその時!

習い事は子どもの「やりたい」を待ちたい…ヤキモキしたけど、ついに来たその時!

習い事は子どもの「やりたい」を待ちたい…ヤキモキしたけど、ついに来たその時!のタイトル画像

人気の習い事でもある英会話。
海外を自由に旅したりグローバルな仕事をしたり…英語を話せると世界は広がるだろうなと思います。
娘にも将来は英語を話せるようになってほしいと思ってきました。


夢は母子2人での海外旅行!


様々な場面でグローバル化が叫ばれる時代。

2020年からは小学校でも本格的な英語教育が始まりました。

やっぱり世界の共通言語ですから、英語によって広がる世界ってあるだろうなと思います。

ということで私自身、今まさに英語を勉強中!

英語が話せるようになって海外を自由に旅したいという憧れを捨てきれず、娘が算数を習っている学習教室で、子どもたちに混じって高校英語を習っています。

娘も一緒に勉強して、いつか英語を話せるようになってくれたらな。

そして母子2人で海外旅行に行きたいな!という夢を抱いています。


習い事は子どもの「やりたい」を待ちたい…ヤキモキしたけど、ついに来たその時!の画像1
pixta_59933294_S

英語は興味ない!と断言した娘


これまでさまざまなタイミングで娘に「英語習ってみる?」と提案してきました。

娘が通っている学習教室では英語も学べるため「算数と一緒に英語も習う?」と言ってみたり

姉が幼児英会話講師の資格を持っているので「おばちゃんに教えてもらう?」と言ってみたり。

けれど、その度に答えはノー!

「英語興味なーい」

「勉強したくな-い」と、ハッキリと断られていました。

無理に習わせることはしたくないし、娘からやりたいと言い出すときを待ちたい。

だけど、言い出すときなんかくるのかな~と半分諦めムードになっていました。

ところが、些細なきっかけが重なり予想以上に早くそのときがやってきたのです。


習い事は子どもの「やりたい」を待ちたい…ヤキモキしたけど、ついに来たその時!の画像2
pixta_86950206_S

英語の発音いいね!の言葉に自信満々に!


職業体験ができるレジャー施設で、娘が声優体験をすることになりました。

そのブースの主催が英会話教室だったことで、子ども向けの声優体験なのにセリフはすべて英語。

小学校1年生の娘も英語のセリフを言っていました。

これが意外に上手!

英語が苦手な私からすると、うんうん、英会話っぽいという感じだったのです。

持ち帰ったDVDを夫にも見せたところ、彼も「すごく発音いいね!」とベタ褒め。

英語が得意なパパに褒められたことで自信をつけ、その夜は繰り返しセリフを言って聞かせてくれました。


習い事は子どもの「やりたい」を待ちたい…ヤキモキしたけど、ついに来たその時!の画像3
pixta_83169892_S

朝のドラマの影響でラジオ英会話が大好きに!


最近、娘がハマッているのがラジオ英会話。

時間になると遊んでいる手を止め、ラジオのスイッチを入れテキストを開きます。

きっかけはラジオ英会話を軸に展開されていく朝のドラマです。

もともと英語勉強中の私が始めたのですが、書店で小学生英会話のテキストを見つけた娘が

「私もママと一緒にやる!」と言い出したのです。

じつは私は放送が忙しい時間帯だったこともあり、すぐに離脱してしまいました。

対して娘はご機嫌に継続中!

そこで試しに「英語習ってみる?」と聞いてみました。

しかし、やっぱり答えはノー!

「英語は遊びだから勉強にしたらイヤになっちゃう!」とのことでした。

なるほど。

納得できる返答に、すぐに引き下がったのでした。


習い事は子どもの「やりたい」を待ちたい…ヤキモキしたけど、ついに来たその時!の画像4
pixta_57919822_S

オリンピックを見て欲求が爆発!


冬のオリンピックが始まったときのこと。

2人でテレビにかぶりつき試合を見守っていました。

海外選手たちが英語で話していたり、日本人選手なのにコーチと英語で会話しているのを見て娘は「かっこいい」と思ったようでした。

オリンピック期間中に雰囲気だけの英語を話すようになったのです。

たとえば「ペラペラ~マミモメ、パリマリーデ!チュラ?」など。

まったくもって意味不明ですが、そういえば私も子どもの頃、外国人に憧れて英語風の音を発していたな~と思いだしたのでした。


習い事は子どもの「やりたい」を待ちたい…ヤキモキしたけど、ついに来たその時!の画像5
pixta_86303912_S

ついに娘の気持ちに変化が!


娘と同じ学習教室で約1年間英語を勉強した末、英検を受けることになった私。

試験が迫るなか夫と英検の話をすることが増え、面接の練習をしてもらうことも。

パパとママが英語で会話し始めたことに疎外感を感じた娘は、知っている英単語を使って会話に入ってくるようになりました。

もちろん、家族間での英語はどんなに下手でも通じます。

自分でも英語が話せる気分になったようでした。

試験を終え無事合格した私が、上の級を目ざすために学習教室の進度表を見たところ、娘が近づいてきて言ったのです。

「私が英語始めたら何年生くらいに英検受けれる?」

英語を始めたら…という言葉にピンときた私は即座に「英語習ってみる?」と質問。

すると、すんなり

「うん、習う!」と答えました。

少し前まであんなにハッキリと習いたくない!と言っていたのに短期間で気持ちが動いたようでした。


習い事は子どもの「やりたい」を待ちたい…ヤキモキしたけど、ついに来たその時!の画像6
pixta_28035150_S

アンテナを張っていたからこそ!


早速、英語の体験入学に行きました。

体験学習を終えた娘は

「楽しすぎたー!」

と大興奮!

帰るなり3日分の宿題をいっきに終え、その日の夜にはなんと寝言で「キャーット!」と、英語の発音練習をしていたのです♪

子どもの好きを伸ばすためには「興味を持ったタイミングを見逃さないことが大切」と言われることがあります。

アンテナを張っているからこそ、気づけることってあるんだな。

娘の可愛いらしい寝言英語を聞きながら、1人ニンマリした夜でした。

海外2人旅の夢に向け、親子での英語学習頑張っていきます!


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
カッパの画像
カッパ

6歳女の子の母。幼稚園の役員やママ友との交流など、子ども関連を優先しながら細々とライター活動をしています。現在の息抜きは、娘を寝かしつけたあと夜な夜なラジオを聴...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 習い事は子どもの「やりたい」を待ちたい…ヤキモキしたけど、ついに来たその時!