1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. マネー・保険
  6. >
  7. 子どものおこづかい、どのように決めてる?参考にしたい欧米式お金の教育法!

子どものおこづかい、どのように決めてる?参考にしたい欧米式お金の教育法!

子どものおこづかい、どのように決めてる?参考にしたい欧米式お金の教育法!のタイトル画像

『子どもの視野が驚くほど広がる! 3歳から始める欧米式お金の英才教育
』(川口 幸子著/文友舎)より、その一部をご紹介します。



子どもたちに「お金」のことって、どうやって教えたらいいの?

おこづかいは、いつからどのように渡したらいいの?

学校でも家庭でも「自分はこれといったお金教育はされなかった……」という方も、現代の親世代には多いのではないでしょうか。

子どもたちには、ぜひとも「お金に振り回されない生き方」をしてほしいですよね。

今回は幼児期から家庭で実践できる「お金の教育」について、書籍『子どもの視野が驚くほど広がる! 3歳から始める欧米式お金の英才教育』より、その一部を3回にわたってご紹介。

コノビーでのご紹介は最終回です!


ほしいものが簡単には手に入らないことを知る

子どものおこづかい、どのように決めてる?参考にしたい欧米式お金の教育法!の画像1


子どもにとって、お店はまさに楽園です。

スーパー、コンビニ、家電量販店にホームセンターなど、行く先々に興味があるものがずらりと並び、ものによっては実際に触れることもできてしまいます。

それをほしがるな、という方が酷な話でしょう。

しかし、ほしいからといってなんでも与えてしまっては、「買い物へ行くたびに買ってもらえる」と子どもが勘違いをしてしまいます。

買ってもらえないと知った子どもは、泣きわめいて反抗するかもしれません。
それでも、泣いたからといって手に入らないものがあること、我慢すべきことを根気よく理解させましょう。
泣いているときに説明しても、頭に入らないかもしれません。家に連れ帰り、少し落ち着いたときを見計らって、話をしてみてください。

そのときは貯金箱を前に置き、そこにいくらのお金があり「それを使ってどうしたいのか?」「なにができるのか?」を一緒に話し合ってみましょう。

また、「お買い物につき合ってくれて、カゴも持ってくれたら、2回に1回だけ、100円で買えるものを一緒に選ぼうね!」などというルールを作るのもよいでしょう。

前回買ってもらったから今日は我慢しようと、子ども自身が考えられるようになります。


種から花を咲かせる

子どものおこづかい、どのように決めてる?参考にしたい欧米式お金の教育法!の画像2


子どものころ、花を種から育てた経験を今でも覚えています。

「花を育てる」ことと「お金を育てる」ことは、とても似ています。

「将来のために勉強をしなさい」「将来のためにお金をためなさい」と言葉にして伝えるより、この時期は、種から水をやって花を育てたり、肥料や水や日あたりを工夫して野菜を育てたりする経験から多くのことが学べます。

種から花や野菜ができたときの喜びはもちろん、花を部屋に飾って家族を楽しませたり、野菜を料理に使って「おいしいね!」と喜んでもらえる体験はなにものにも代えられません。

また、種をまいてもすぐに花が咲いたり、実がなったりするわけではなく、少しずつ芽が出て育っていきますよね。
そんな「植物を育てる過程」を経験した子どもは、じっくりと時間をかけておこなうことになる「お金を育てる」ことにも同じように前向きになれるのです。


おこづかいを交渉で決める

この記事を書いた人
コノビーおすすめ書籍の画像
コノビーおすすめ書籍

コノビーで連載中のライターさんの書籍や、育児中のパパ・ママにおすすめの書籍を幅広くご紹介!
みなさまがお気に入りの一冊と出会えるきっかけになれますように。
...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. マネー・保険
  6. >
  7. 子どものおこづかい、どのように決めてる?参考にしたい欧米式お金の教育法!