1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. その人は「話を聞いてほしいだけ」かも…?育児トーク中の“違和感”との付き合い方

その人は「話を聞いてほしいだけ」かも…?育児トーク中の“違和感”との付き合い方

その人は「話を聞いてほしいだけ」かも…?育児トーク中の“違和感”との付き合い方のタイトル画像

こんな時、「赤べこになる」という選択肢もアリかもしれません!


まいどおおきに!“義理と人情”なお節介ドラマが大好き系オカン、さとえみです。

先日、「うっかり“余計なお世話”を言いそうになった」というエピソードをご紹介しました。

子育て中に他人から言われる「母乳?ミルク?」「2人目はまだ?」のような“余計なお世話”は、自分も言われて嫌な気持ちになるはずなのに、自覚しないうちにうっかり言ってしまうところだった……というお話です。

その人は「話を聞いてほしいだけ」かも…?育児トーク中の“違和感”との付き合い方の画像1


今回も、私が経験した「余計なお世話」にまつわるお話。

私はベルギー人の夫と国際結婚してベルギーに住んでいますが、ここには「他人に干渉しない文化」があります。

移住した当初は右も左も分かりませんでしたが、今は基本的に「話しかけられたら聞き役に徹する」ように努めています。

でも……やっぱり、もう少しでポロッと言いそうになってしまったことがあるのです。

それは……

その人は「話を聞いてほしいだけ」かも…?育児トーク中の“違和感”との付き合い方の画像2
その人は「話を聞いてほしいだけ」かも…?育児トーク中の“違和感”との付き合い方の画像3


ベルギーでは、出産後は1週間くらい入院するのが一般的です。

その期間中に指導されたミルク量を、退院後も同じようにあげ続けていたのだと思われます。

そして子どもの体重が減り始めてから、ミルクの量が足りないことに気付き……「その量を指導した看護師が悪い」と病院にクレームを入れたと言うのです。

私は正直、頭の中が「???」でいっぱいになりました。

その人は「話を聞いてほしいだけ」かも…?育児トーク中の“違和感”との付き合い方の画像4
この記事を書いた人
さとえみの画像
さとえみ

ベルギーの片田舎に生息するお絵かき好きの主婦です。
ベルギー人夫ヤンと共に二人三脚で三姉妹を育てています。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. その人は「話を聞いてほしいだけ」かも…?育児トーク中の“違和感”との付き合い方