1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 夫の「適当にやっとく〜!」が、なんだか頼もしく感じた日<第四回投稿コンテストNO.22>

夫の「適当にやっとく〜!」が、なんだか頼もしく感じた日<第四回投稿コンテストNO.22>

夫の「適当にやっとく〜!」が、なんだか頼もしく感じた日<第四回投稿コンテストNO.22>のタイトル画像

第2子妊娠中、夫が長男と2人で過ごすことができるか、不安で仕方なかったというにじいろさん。産後、夫の一言にハッとしたといいます。


第2子の妊娠が発覚した時、私はとても困惑していました。

えっ、無理じゃない!?と、かなり悲観的でした。

いえいえ、最初にお断りしておきますが、我が家は全くワンオペではありません。

職場が近くおまけに車通勤の夫は遅くとも19時30分には帰宅し、毎日家族揃って夕食を囲みます。

育児にもしっかり関心があって、日々長男と遊んでくれ、食事の介助もオムツ替えもできる。

お風呂上がりの着替えだって、パジャマの用意からドライヤーまで任せられる、かなり良いお父さんです。

だけど当時1歳3ヶ月になったばかりの長男は、生後1ヶ月頃からフライング気味に片鱗を見せ始めた人見知りが、絶賛大爆発中のスーパーダメボーイ。

夫のことはずっと好きでしたが、とにかく私の姿が見えなければ不安な様子で、夫と2人で私のお風呂を待つ間中泣き叫ぶような日も多々ありました。


夫の「適当にやっとく〜!」が、なんだか頼もしく感じた日<第四回投稿コンテストNO.22>の画像1
pixta_57527301_s


そんな長男を相手に少々怖気づいた夫は、溺愛しているし育児にも関わってくれるけれど、基本的に私が育児をして、そのサポートに徹するような役割分担が出来上がっていました。

もちろん通常はそれで良いのです。

私が専業主婦という事もあり、我が家はそれでバランスが取れていました。

でも第2子の出産となればそうもいきません。

分娩~入院の間、母不在の時間を過ごしてもらわねばなりません。

お風呂にも入れてもらわねばなりませんし、寝かしつけてもらわねばなりません。

ウンチのオムツだって、「できたら替えたくないな~」なんて言っている暇なく替えてもらわねばならんのです。

ハラハラヒヤヒヤ、気持ちが上がらない私に対して、夫は素直に第2子の妊娠を喜んでくれましたが、

「よし!じゃあこれからお父さんとお風呂に入ろう!練習やー!」

とか、

「よし!週末はお父さんが寝かしつけするぞ!練習やー!!」

とか言ってくれるわけではなく、そんな様子に私はどうしてもっと考えてくれないんだろう…自分の子どものことなのに…と、不安と、もどかしさと、いらだちを募らせていました。


夫の「適当にやっとく〜!」が、なんだか頼もしく感じた日<第四回投稿コンテストNO.22>の画像2
pixta_55955227_S


気持ちがすっきりしないままに妊娠生活をおくり、後1週間で正期産。

予定日の9月末からの気候に合わせて、里帰りの荷物も一通りまとめられたかしら…という8月末頃。

朝方4時頃に「お腹が張るあなぁ…」と気付いたところから始まり、数時間後の朝9時48分、36週0日の早産で第二子である次男が誕生しました。

幸い早産でありつつも体重は2300gを超えていて自発呼吸もしっかりしており、健康そのもの。

ただ…。

「お腹が張るなぁ」から出産までわずか5時間。

私、超絶スピード出産体質なんです!

それ自体は楽で良いのですが(医学的にどうかは知りませんが)、問題は9月末からの気候に合わせて準備した里帰り用の荷物。

いや、今まだ真夏やないか…

もし、陣痛が進まず自宅で様子を見る数時間などがあれば、夫にあれこれ伝えられたのかもしれません。

でも残念ながら、息つく暇もなく出産まで走り抜けてしまった私は、産後病室のベッドでその事実に気付く羽目になったわけです。

さて困りました。

私はもう家には帰れない。

退院の日に、新生児を抱えて一旦自宅に戻り、荷造りしなおしてから実家に…とか、しんどすぎる。

これは夫に頑張ってもらうしかない…。

思いがけない早産やら出産の興奮やらで、テンパりながら

「あのな、いつも長男の服を入れてるケースの下の段にな、里帰り用の荷造りしてあるねんけどな、9月末のつもりやったから秋服が入っててな…」

と早口でまくしたてる私。

そんな私に、夫は落ち着いた様子で言ったのです。


夫の「適当にやっとく〜!」が、なんだか頼もしく感じた日<第四回投稿コンテストNO.22>の画像3
pixta_47910912_S


「あ~、なるほど。わかった、適当になんとかしとくわ!」

その言葉に、私はハタと我に返りました。

そうか、この人、「適当に」なんとかできるんだ…。

夫は、長男の服がどこにしまわれているのか知っています。

今の季節にどんな格好をしていて、次の季節にはどんな格好になるのかも知っています。

服のサイズもオムツのサイズも知っています。

夫はスポーツカー好きになって欲しいけれど、長男は電車の方が好きだと知っていますし、絵本以上に図鑑が好きだとも知っています。

好きな食べ物も、毎日何時頃起きてどんな一日を過ごし、何時頃寝るのかも知っているのです。

ああ、一緒に子育てをするってこうゆうことかもしれない…。

自分で連れて行ったことは無くても、かかりつけの小児科を知っているし、次がいつなのかを知らなくても、これまでに何度も予防接種を受けてまだ続くと知っている。

子育てのほぼすべてのことを、「だいたい」知っている。

これって素晴らしいことだと気付きました。

夫は長男をよく見てくれていたし、私の話にもしっかり耳を傾け、興味を持って聞いてくれていました。

何をあんなに不安がっていたんだろう。

たとえすごく長男が荒れたとしても、夫は絶対投げ出さないし、愚痴ぐらいはこぼすかもしれないけれど、誰を責めるでもなく頑張ってくれるに違いない。
長男のことは夫に任せておけば大丈夫だ…。

改めてそう感じ、とても安心したことを覚えています。

今では長男は4歳6ヶ月、バタバタで生まれた次男も2歳8ヶ月。

相変わらず子どものことはだいたいなんでもわかる夫と私は、甘えたな息子二人にまとわりつかれ、私はすっかり信頼している夫に「よろしく~」と丸投げし、夫からは「やっぱりお母さんが一番やな!」とおだてて投げ返され、お互いにやっぱり寂しくなって息子にちょっかいをかけ、そんな風に日々を過ごしています。

息子たちを取り合ったり押し付けあったり、やっぱり取り合ったりしながら、今日もこれからも、私たちは一緒に子育てをしていくのだと思います。

ありがとう、これからもよろしくね。






(ライター:にじいろ)




コンテストご応募は2020年5月31日まで!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
 第四回 記事投稿コンテスト『パートナーのナイス育児』の画像
第四回 記事投稿コンテスト『パートナーのナイス育児』

応募期間2020年4月16日~5月31日。入選発表は6月下旬を予定。
第4回コノビー投稿コンテスト、1次審査通過作品をお楽しみください。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 夫の「適当にやっとく〜!」が、なんだか頼もしく感じた日<第四回投稿コンテストNO.22>