サイズを確認するだけのつもりだった上履き購入で、まさかこんなに苦労するとは…。


単に上履きを買うだけなのに、なぜこんなに選択肢があるんだ…?とゲンナリした記憶も吹き飛びます。


「たくさんの選択肢があるのは、それで助かる人もいるからなんだなぁ」と思い知りました。


ランドセルは、さんざん探し回ったあげく昔ながらの真っ黒のものを選んだ我が家。

きっと、「赤や黒以外が選べる時代でよかった!」という人もいるでしょう。

多種多様な選択ができる時代に生まれた今の子どもたちは、その時々で自分にあった物を選ぶことができます。



でも、すべてにおいて、たくさんの選択肢を親子で全部チェックして選ぶのも、それはそれで大変です。


こだわりがあるものや選ぶ必要があるものはしっかり選び、そうでなければ時間をかけず定番に決める。

そんなふうに、これからもメリハリをつけていければいいなぁと思ったのでした。