1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 梅雨ってこんなに楽しかった?家にあるもので笑顔の室内遊び5選

梅雨ってこんなに楽しかった?家にあるもので笑顔の室内遊び5選

梅雨ってこんなに楽しかった?家にあるもので笑顔の室内遊び5選のタイトル画像

いよいよ梅雨の季節がやってきました。
一日中雨が降ってしまうと公園にも行けず、家にこもりっきりになりがち。家で過ごす時間がたっぷりあるこの時期に、わが家で盛り上がったおすすめの室内遊びと、ママが笑顔になれるヒントをご紹介します。


雨の日は「子どもは不機嫌で当然だ」とどっしり構える

雨の日は晴れの日に比べて、長時間ぐずったり、すぐに兄弟喧嘩をしてしまったり…。

子どもも、ずっと家にいればストレスがたまってしまうのはしかたがありません。


そうは言っても、子どもたちの喧嘩が勃発すると、イライラが募ってしまうこともあります。


そこで!

基本的な心構えとして

・「雨だから子どもも不機嫌になって当然!」

・「雨の日は、私も子どもと一緒に夢中になって遊ぶ日」

と割り切ることにしてみました。


梅雨=親子でじっくり遊べる時期と考え、いつも通り家事をするのは潔くあきらめることにしました。

遊ぶ日と割り切って考えることで心に余裕が生まれ、「次の雨の日は何をしようかなぁ」と考えるなど、子どもと遊ぶのが楽しみになりました。

公園に行けなくても、いつもとちょっと違った家遊びが出来るので、子ども達もご機嫌に。

また、同じように夫にも宣言しておくことで、とても気が楽になりました。

梅雨に向けて用意した室内遊びグッズ5選

梅雨ってこんなに楽しかった?家にあるもので笑顔の室内遊び5選の画像1
pixta_46405913_M

折り紙


室内で遊べるグッズとして、まず思いついたのが折り紙です。机遊びの定番ですね。


100円均一のお店でも様々な柄やキャラクターの折り紙が売られています。

折り方も「折り紙 簡単」など検索すればたくさん見つけられました。iPadを見ながら子どもと一緒に作りたい物を探します。

そして、七夕に向けた飾りや、子どもが大好きな恐竜などを折りまくりました。


子どもは、自分がリクエストしたものが目の前で出来上がる工程に大喜び。

私も久しぶりに折り紙を触り、童心に返り夢中になりました。


子どもが2歳の頃は折り紙をぐちゃぐちゃにしたり、破ったり。

3歳頃になると、半分に折ったり、好きな絵を描いたり。

4歳以降になると、簡単な物なら一緒に作れるようになっていきました。

折り紙を通じて子どもの手先が器用になったり、想像力が豊かになったりしていることに気がつき、成長に感動する瞬間もありました。



新聞紙

続いて用意したのは新聞紙。

近所の児童館で新聞紙遊びをさせてもらってすごく喜んでいたのを見て、雨の日には家でも新聞紙遊びをすることに。


子どもは新聞をビリビリ裂く遊びが大好きですよね。

新聞の破れる音、手触りなどに爽快感を味わい、夢中になっていました。


他にも丸めてボールにして部屋でキャッチボールをして遊んだり、細かくビリビリに引き裂いて、紙吹雪のように頭からかけたりと、新聞紙一つあれば楽しく遊べます。

ただし、新聞紙の上は滑りやすくなるので、「広げたまま置いておかない」「踏んで滑らないように気を付けよう!」という声がけは必須です。


この記事を書いた人
ふくふくの画像
ふくふく

小学年生の娘と、5歳の息子、夫との4人暮らしです。日常の小さな喜びを大切に、日々過ごしています(^^)
...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 梅雨ってこんなに楽しかった?家にあるもので笑顔の室内遊び5選