1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. お食い初めはいつやるの?準備・献立・食べさせる順番まで徹底チェック

お食い初めはいつやるの?準備・献立・食べさせる順番まで徹底チェック(2ページ目)

お食い初めはいつやるの?準備・献立・食べさせる順番まで徹底チェックのタイトル画像

赤ちゃんが産まれてから行うお祝いの一つに「お食い初め」があります。「一生食べ物に困らないように」という願いが込められでいます。でも、何をすれば良いのかわからない、という方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、お食い初めの由来や用意するメニュー、時期や場所、食べ物の準備や口に運ぶ順番、使用する食器や通販で買えるお食い初めセットなどについてお伝えします。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10193002718


母乳やミルクを力強く吸って強く成長し、将来良き伴侶に巡り会えますようにという意味が込められています。

だし汁にみりん・酒・塩・薄口醤油を加えて味付けします。

具材の決まりは特にありませんが、蛤や鯛を使用したり、季節によって筍や松茸などを加えたりすることもあります。


赤飯


お祝いにはお赤飯は欠かせません。

お赤飯には魔除けの意味が込められており、邪気を払うと言われています。

一般庶民のお祝いの料理として江戸時代の後期に広まったとされ、その伝統は今でも続いています。



鯛は「めでたい」との語呂合わせとして、古くから親しまれています。

赤い色の尾頭付きの焼鯛は、頭の先から尾の先まで揃っているので縁起が良いとされています。

他にも七福神の恵比寿様が鯛をつっており、お祝いには欠かせません。

お食い初めには、鋭い尾と力強いあごのある、天然の鯛が良いとされています。


煮物


煮物には縁起の良い材料を入れることが多いです。

紅白の色になる人参と大根、亀の甲羅の形に切ったかぼちゃやしいたけ、海老などもよく用いられます。

煮物には長寿と健康の願いが込められています。


香の物


香の物は煮物と同様、紅白になるような具材が用いられることが多いです。

噛み切りにくいことから「歯が丈夫になりますように」という願いが込められた蛸の酢漬けや、大根の甘酢漬け、梅の花に見立てたれんこん、日の出に見立てた砧巻きなどがあります。


歯固め石


お食い初めに欠かせないのが歯固めの儀です。

「丈夫な歯が生えてくるように」「赤ちゃんの頭が早く固くなるように」という願いを込めて、料理以外に歯固め石をお盆に並べる風習があります。

この歯固め石は、お宮参りの際に境内で拾っておいたり、近所の川原から拾ってきたりしたものでも問題ありません。


この記事を書いた人
ふくふくの画像
ふくふく

小学1年生の娘と、3歳の息子、夫との4人暮らしです。日常の小さな喜びを大切に、日々過ごしています(^^)
...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. お食い初めはいつやるの?準備・献立・食べさせる順番まで徹底チェック