1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 「夫の理解が得られない…」絶望する前に考えたい”第3の道”の探し方

「夫の理解が得られない…」絶望する前に考えたい”第3の道”の探し方(2ページ目)

「夫の理解が得られない…」絶望する前に考えたい”第3の道”の探し方のタイトル画像

私の気持ちが伝わらない、気持ちを汲んでもらえない、そんな夫婦間のトラブル、すれちがい。それに対する助言として挙げられる定番が「ちゃんと言えばいい」「話し合えばいい」……そんなの分かってるよ、やってるよ、でも変わらない、イライラは募るばかり。そんなどうしようもなさの先には絶望や諦めや離婚しかないのでしょうか。間にあるかもしれない、第三の道について考えます。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11021001795

2、現状を整理する

次にやったのが、現状の整理です。

紙に書き出したり、友人に話したり、TwitterなどSNSに書いてみるのも良いと思います(ネットへのアップは色々と配慮が必要ですが…)。

自分の頭の中で悶々と考えるのではなく、言葉にして外に出すことがポイントです。

夫にどうなってほしいのか、夫がそれを叶えられる現状にあるのか、自分はどうしたいのか、5年後、10年後、どうなりたいのか…

整理するなかで私は、感情が先走って夫の仕事の状況や体調を考える余裕がなくなっていたことや、周りのイクメンに見えるお父さん像に引きずられすぎていたことに気づきました。

隣の青い芝生ばかり見て、実際の夫を見ていなかったなぁと。

おわりに

自分の荷物をいろいろと降ろしてみて、自分の中に渦巻いていた感情を言葉にしてみて、まず私に見えて来たのは自分の未熟さでした。

言いさえすれば向こうが汲んでくれると思っていた私。夫の抱えているものに思いを馳せながら話をしていく中で、夫もまた私のことを思いやってくれることが増え、色々な相談がスムーズに成り立ちやすくなってきたように思います。

あの頃どんなに言ってもやってくれなかった家事を今は可能な限りやってくれる夫。

我が家なりの色々な紆余曲折を経ながら、今は長男が生まれた10数年前よりはるかに色々な対話ができるようになりました。

「理解を得る」と一言でいってしまうと簡単に感じるけれど、自分の伝えたいことを整理し、相手の状況に思いを馳せながら伝え方を考えて言葉にして…といういくつものステップを必要としています。

「言う→伝わる」という1段階で叶わなかった時、即絶望に向かう必要は無いと思うのです。

伝えるってとても難しいことだから、いつでも誰でも上手にできるわけじゃない。高いステップをいきなり飛び越えられなくても、自分に超えられる低いステップをいくつも積み重ねていけばいい。

そうやってゆっくりゆっくり、自分なりのやり方を紡いでいった先に、「話す」でも「諦める」でもない「我が家なりの第3の道」があるのかもしれません。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
イシゲスズコの画像
イシゲスズコ

ぼちぼち働く4児の母です。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 「夫の理解が得られない…」絶望する前に考えたい”第3の道”の探し方