1. >
  2. >
  3. >
  4. 子どもへのイライラをほぐしてくれたのは「今のままでいい」という言葉だった

子どもへのイライラをほぐしてくれたのは「今のままでいい」という言葉だった

子どもへのイライラをほぐしてくれたのは「今のままでいい」という言葉だったのタイトル画像

長女メリが生まれ7歳で兄ちゃんになった長男ヒカ。生活の変化が重なり親子ともに大変な時期でした。そんな私の気持ちを楽にしてくれたのは、たまたま見つけて買った日めくりカレンダーでした。

子どもへのイライラをほぐしてくれたのは「今のままでいい」という言葉だったの画像1

私が購入したのは、
『子育てハッピーアドバイス 大好き!が伝わる ほめ方・叱り方』の
日めくりカレンダー。

何度か本を読んだことがありとても参考になったので、
今回も気持ちを少しでも変えられたらと、そんな軽い気持ちでした。

子どもへのイライラをほぐしてくれたのは「今のままでいい」という言葉だったの画像2

読んでいくうちに、今私が聞きたかったのは
こういう言葉だったんだなぁと気づかされました。

育児に行き詰っている今、
この山をどう乗り越えたらいいのか、
どう自分と長男・ヒカを変えていけばいいのか…

それを知りたくて、分からなくて悩んでいた私。

でもそこに書いてあったのは、「大丈夫」「今のままでいい」「子どもはそれが当たり前」そんな言葉。

ああそうか、大丈夫なんだ…
そう、「ほっ」としたのを覚えています。

子どもへのイライラをほぐしてくれたのは「今のままでいい」という言葉だったの画像3

日めくりカレンダーなので、本来は日にちにより変えていくものなのですが、
私はその時の気分に合わせたものをかけるようにしています。

余裕がなくなったとき、ちらりと視界に入るとハッとさせてくれる存在。

子どもに素晴らしい環境を与え上手にかかわることで成長を促し、
欠点を克服させ、子どもたちをより良い方向へ。

そう思うことは間違いじゃないし、親としてそう思ってしまうのは当たり前のことだと思います。

でも、それだけだと少し疲れてしまう。
それもいいけど、今のままでも間違ってないよ、大丈夫だよ。

そんな風に耳元で囁いてくれる存在です。

子どもたちが大きくなって本当の意味で必要なくなる日まで、
部屋の片隅で見守っていてもらいたいと思います。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

育児ストレス 子育ての悩み 子育て・育児

この記事を書いた人

そらこ

新潟在住のアラサー主婦です。
中一男子・ヒカ 年長女子・メリ 二歳女子・ルル
の三兄妹の母。
そんな年の差三兄弟の日常をご紹介したいと思います!...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 子どもへのイライラをほぐしてくれたのは「今のままでいい」という言葉だった