1. >
  2. >
  3. >
  4. 触れ合うことで「自己肯定感」が育まれたのは、娘よりわたしの方だった

触れ合うことで「自己肯定感」が育まれたのは、娘よりわたしの方だった

触れ合うことで「自己肯定感」が育まれたのは、娘よりわたしの方だったのタイトル画像

触れ合いによって育まれると言われている自己肯定感。ベビーマッサージの講師をしているわたしが、わが子と触れ合うなかで感じたことをお話させてください。

肌にふれると心がひらく

触れ合うことで「自己肯定感」が育まれたのは、娘よりわたしの方だったの画像1

わたしがベビーマッサージ講師になって8年が経ちました。

最初にベビーマッサージについて勉強し始めたときは子どもとのスキンシップの効果について、「脳にいい」とか「体の発達に役立つ」などと教わりました。

へぇ~そんなにいい効果があるのかと思っていたのですが、その後、自分の子どもと接している中で、もっと大切なことがあることに気が付いたんです。

それは、
「肌にふれると、心にも大きな効果がある」
ということ。

いい子ちゃんだった娘が、背中を撫でたら変わった

たとえば背中を触ると、心が開くと言われています。

大人でも「お疲れさま!」「がんばったね」などと優しい言葉をかけるときに、背中をぽんぽんと軽く叩いたり、撫でたりした経験がある方も多いのではないでしょうか。

撫でられた方は、
なぜか急にそれまでがんばっていた思いが溢れて
胸がいっぱいになってしまう。

背中にはそんな「心を解放する」効果があるんです。

触れ合うことで「自己肯定感」が育まれたのは、娘よりわたしの方だったの画像2

実はわたし自身も、娘の背中に触れることで、娘との関係が大きく変わるという経験をしたことがあります。

離婚前、夫婦関係も悪く、お世辞にもいい家庭環境とは言えなかったわが家。

そんな環境のなかで育った娘は、たった3歳で「大人の顔色を伺ういい子ちゃん」に育ってしまっていました。

言いたいことがあっても、心にため込んでしまう娘。
しかしベビーマッサージを始めて、
娘の背中に触れるようになってからそれが変わったんです。

初めてママにわがままを言ってくれた。

わが家は母子家庭ですので、
それが原因で娘に寂しい思いをさせたこともあるでしょうし、
わたし自身にもコンプレックスがありました。

おかげで娘に「ごめんね」ばかり言って
自分を「ママ失格」だと思いながら
子育てしていたのですが、
それが、背中に触れたおかげで
2人の距離が縮まり、
今では何でも言い合える
かけがえのない関係を築くことができています。

心の距離とからだの距離が0センチになるということ

触れ合うことで「自己肯定感」が育まれたのは、娘よりわたしの方だったの画像3

このように、心の距離とからだの距離には深い関係があります。

みなさんも美容院や整体、マッサージなどに行くと、
いつのまにか自分について詳しく話してしまったことってありませんか?

ひとは髪や体に触れられると、いつのまにか心を許してしまうのです。

触れる距離というのは、つまり「その人と自分の距離が0センチになる」ということ。

逆に、嫌いな人とは近付くのもイヤですよね。
それだけ心の距離が遠いのだと言えます。


背中を撫でることで、
肌に触れ合うことで、
わたしと娘の距離は0センチになれました。

お子さんとの距離。
家族との距離。
みなさんの距離は0センチですか?

娘のため…と思っていたら、救われたのはわたしだった

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

ママぞう

1973年東京都世田谷区にうまれる。
大学卒業後、乳幼児向けおもちゃメーカーに勤務。
退社後、沖縄県西表島に移住。
帰京後、結婚、出産、離婚を経て、
2...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 触れ合うことで「自己肯定感」が育まれたのは、娘よりわたしの方だった