1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. お食い初めのお吸い物は家でも作れる!お食い初めの簡単汁物レシピ5選!

お食い初めのお吸い物は家でも作れる!お食い初めの簡単汁物レシピ5選!

お食い初めのお吸い物は家でも作れる!お食い初めの簡単汁物レシピ5選!のタイトル画像

赤ちゃんが生まれてちょうど100日に行われる「お食い初め」。食べ物に一生困らないようにとの願いを込める大事な儀式の献立は「一汁三菜」が基本です。そのうちの、汁物についてその由来とレシピを紹介します。

お食い始めとは?


お食い初めは、生後100日~120日頃に行うお祝い事で、「一生食べ物に困らないように」と赤ちゃんの成長を願います。

「百日祝い(ももかいわい)」「100日祝い」などとも呼ばれています。

平安時代に、赤ちゃんにお餅を食べさせる真似をする「百日(ももか)」という行事があり、これがお食い初めの起源といわれています。

赤ちゃんのためのお祝い膳を用意するほか、乳歯が生え始める時期であることから、「歯固めの石」を添えて、丈夫な歯が生えるようにという願いを込めます。

もちろん、離乳食も始まっていないので、実際に赤ちゃんが食べるのではなく、箸を使って食べる真似をします。

ご馳走を用意して、皆で赤ちゃんの成長をお祝いしましょう。


お食い初めの献立は?なぜ汁物なの?

お食い初めのお吸い物は家でも作れる!お食い初めの簡単汁物レシピ5選!の画像1
pixta_54234657_S


基本のお食い初めの献立は、一汁三菜とされています。

鯛の尾頭付きの魚・筑前煮などの煮物・なますなどの香の物・ご飯・はまぐりのお吸い物などの汁物を用意します。

これには生きていく上で必要なものという意味があり、一生食べ物に困らないようにと願いが込められています。

汁物でよく使われるはまぐりは、貝殻を離したときに、離した貝殻としか合わないことから、将来良いパートナーに恵まれるようにとの願いが込められています。

他にはめでたいの語呂合わせで鯛を使う場合もあるようです。


料理は家庭でも用意できます

お食い初めには食べる順番があり、ご飯・吸い物・ご飯・魚・ご飯・吸い物を3回繰り返すところが多いようです。

生後100日目の節目の時期に、赤ちゃんの健やかな成長を願うお食い初め。

必要のお料理のひとつひとつは決して難しいものではなく、家庭で簡単に用意できます。

お食い初めは家族みんなが集まってお祝いし、赤ちゃんの幸せを願うことが大切なので、必ずしも格式張らなくても大丈夫。

ご家庭に合った方法やレシピでお祝いしてはいかがでしょうか。


お食い始めを家で作る時におすすめの簡単レシピ

蛤のお吸い物(潮汁)

【材料】(3人分)
蛤(大きいサイズ) 3個
水 500ml
昆布(出汁用) 5g
塩 少々
お麩 6個
三つ葉 適量
柚子(あれば) 適量

【所要時間】10分

【作り方】
1:蛤は砂抜きします。海水濃度(3%)を作り出来れば一晩(急ぎの方は2〜3時間)つけておきます。水量は蛤が全部浸るくらいで常温で。私は上から水で固く絞った付近をかぶしてます。
2:一晩つけても、まだ砂が入っている場合があります。蛤と蛤をカシャカシャと数回擦り合わせてよく洗い砂を抜きます。
3:鍋に水、切り込みを入れた昆布、蛤を入れ冷たい水から弱火でじっくりと火にかけます。アクが出てきたらお玉ですくいます。沸騰してきたら昆布を取ります。少し火を強めると蛤が開き始めます。
4:完全に開き切ったら蛤に火が通ったということですので蛤を取り上げます。※貝類は火を通しすぎると硬くなります※椀盛にするとプリプリした食感になりすごく美味しくできます。
5:塩をひとつまみ入れ味を整えます。蛤の出汁が出るので塩だけで十分美味しいです。もし物足りない場合は気持ち、薄口醤油を入れてもいいです。これでお汁は完成です。
6:食べる直前に再度お汁を沸騰させ、お麩を入れます。温まったら蛤の入ったお椀にお汁を注ぎ、程よい長さに切った結び三つ葉と柚子を添えたら、出来上がり

極上海鮮スープ「おもてなし汁」

この記事を書いた人
7daysの画像
7days

妊娠中は色んな体の変化や不安を感じますよね。妊娠中のお悩みにお答えできるような情報を届けていきたいです。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. お食い初めのお吸い物は家でも作れる!お食い初めの簡単汁物レシピ5選!