1. >
  2. >
  3. >
  4. 放送時間が変更で大騒ぎ!?録画してでも観続けたい、子どもに大人気なアンパンマンのヒミツ

放送時間が変更で大騒ぎ!?録画してでも観続けたい、子どもに大人気なアンパンマンのヒミツ

放送時間が変更で大騒ぎ!?録画してでも観続けたい、子どもに大人気なアンパンマンのヒミツのタイトル画像

子どもたちに根強い人気のアンパンマンの放送時間が変更されると公式発表がありましたね。今回は、子どもたちに愛され続けるアンパンマンの歴史とその理由を探っていこうかと思います。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030001611

アニメ「アンパンマン」、日本テレビ放送枠が変更に?!

子どもたちのアイドルとしてお馴染みの「アンパンマン」ですが、今年の4月からアニメの放送時間が変更されると日本テレビ公式サイトでの発表がありました。
これまでは毎週金曜16時20分からの放送でしたが、4月以降は毎週金曜10時55分からの放送の午前中放送になるそうです。

などなど、視聴者からは驚きの声が上がっています。
家事が忙しい夕方の時間に放送されていたこともあり、子どものお守代わりとしても役立っていたらしく、今回の時間変更に打撃を受けたママもいたようです。

地方局では放送時間の変更はあったものの、実は1988年から27年以上もの長い間キー局では放送枠が変わることなくずっと放送が続けられてきたというから驚きです。

では、ここまで幼児をトリコにする「アンパンマン」とは一体どんなアニメなのでしょうか。

長年放送されてきたアンパンマンの驚くべき記録!

1973年、フレーベル社の「キンダーおはなしえほん」に「あんぱんまん」が初めて連載されたのが最初のようです。当時のキャラクターデザインも今とあまり変わらず、お馴染みのあんぱん顔の「アンパンマン」が活躍しています。

1988年から、アニメが放送開始されるようになり、映画やミュージカル、ゲームなど多種多様なメディアミクスを展開し、1996年には高知県に初のアンパンマンミュージアムを設立、その後も全国に何件も設立され、今でも子どもたちの遊び場として親しまれ続けています。


そんな「アンパンマン」ですが、有名なのはその膨大なキャラクター数!
2009年までに登場したキャラクター数は1768体で、世界一の記録としてギネスに認定されたほどだとか。


現在の数を調べるため、公式サイトのQ&Aコーナーを確認してみると…

数えられないくらいいっぱいです。まだ登場していないキャラクターもいます。

全部ではありませんが『アンパンマン大図鑑 公式キャラクターブック』やポータルサイトの「なかまのしょうかい」でたくさんのなかまを見られますよ。

と、公式でも確認できないほど多いみたいですね。

作者本人も「正確な数を覚えていない」とインタビューで答えていたこともあるほどなので、今後もしかしたら未発表キャラクターの原稿発見というニュースが出てくることもあるかもしれません。

関連する記事

この記事に関するキーワード

教育 情操教育 室内遊び 子どもの遊び 遊び・教育

この記事を書いた人

Anna

トレンド情報大好き!な新米ライターです。忙しい毎日でもホッと一息つけるニュースをお届けします♡...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 放送時間が変更で大騒ぎ!?録画してでも観続けたい、子どもに大人気なアンパンマンのヒミツ