1. >
  2. >
  3. >
  4. 息子が髪を染めて帰ってきた!?アメリカの保育園で行われた100日パーティーの秘密

息子が髪を染めて帰ってきた!?アメリカの保育園で行われた100日パーティーの秘密

息子が髪を染めて帰ってきた!?アメリカの保育園で行われた100日パーティーの秘密のタイトル画像

保育園に息子を迎えに行くと、何か様子がおかしい。髪の毛の色がいつもと違う?どうやらクラス全員、髪の毛をカラフルに着色したようです。その日は息子たちのクラスが始まってちょうど100日目ということで、100日目記念パーティーだったようです。でも、100日目記念パーティーって一体なんだ?そこには意外と有意義な背景がありました。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11015198582

アメリカの保育園で行われる100日パーティーとは?

子どもの生活には記念日がいっぱいです。最近では誕生日だけではなく、1ヶ月バースデー、ハーフバースデー、二分の一成人式…となんでも祝ってしまいますね。

息子が通うアメリカの保育園の記念日で驚いたのは「100日記念日」です。保育園の5歳児クラスが始まって保育園生活の100日目をお祝いするんだとか。でも、これにはしっかりと意味があったようです。

息子が髪を染めて帰ってきた!?アメリカの保育園で行われた100日パーティーの秘密の画像1

100日記念パーティーでは、子どもたちが髪の毛まで染めて(そういうパーティーグッズがあるのです)、100にちなんだ遊びをしていました。息子が保育園から持ち帰ってきたものや、前日の準備などから推測するに、100日記念パーティーでは、こんなことが行われていたようです。

・この日の先生は100歳のおばあちゃんに扮装している
・オモチャの100ドル札を配る
・100ドル持ってたら何をしたいかインタビュー
・100歳になったら何をしたいかインタビュー
・写真加工アプリで100歳になった自分の顔を撮影
・100個の風船で遊ぶ
・おやつの時間に、レーズンやクラッカーを全部で100個食べる
・無地のTシャツにカラフルな100を沢山描いて着る

…とにかく100、100、100尽くし!

でも、なんで一体こんなに100にこだわるのでしょう?パーティー好きなアメリカの国民性?この先、200日目パーティー、300日目パーティーもやるのでしょうか。

"I am 100 days Smarter" (100日分賢くなったよ)

息子が髪を染めて帰ってきた!?アメリカの保育園で行われた100日パーティーの秘密の画像2

この100日目記念パーティーのキャッチフレーズは"I am 100 days Smarter" (100日分賢くなったよ) でした。

実は、子どもたちは毎日、保育園で「今日はこのクラスにきてxx日目だよ」と数を数えていました。はじめのうちは一桁の数だったけれど、10、20、30とだんだん大きな数も数えられるようになり、とうとう100まで数えられるようになったのです。

どうやらこの100日記念パーティーは、子どもたちが100まで数を数えるためのモチベーションとして、そして数えられたご褒美として行っているようです。

単に成長を祝うだけではなくて、100日分しっかり学んだ事も祝っていたのですね。帰り際に息子は、誇らしげに「明日は101日目なんだよ」と教えてくれました。どうやらすっかり先生たちの策にはまっているようです。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

遊び・教育 海外の子育て・教育

この記事を書いた人

ブルース(駐在夫)

妻の海外転勤に伴い、育児を優先すべく大手IT企業を退職してアメリカに引っ越しました。
自身の育児体験をリンク1に、日々調べている各地の保育園事情をリンク2で公...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 息子が髪を染めて帰ってきた!?アメリカの保育園で行われた100日パーティーの秘密