1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 「夫が愛人を家につれて来た事件」と似た心境なんだそうです。

「夫が愛人を家につれて来た事件」と似た心境なんだそうです。

「夫が愛人を家につれて来た事件」と似た心境なんだそうです。のタイトル画像

我が家は三人兄妹。長男が3歳の時に次男が生まれ、その2年後に末娘が生まれました。今回は、赤ちゃんを新しい家族として迎える際にわたしが心掛けていた事についてお話します。エピソードその1。

『下の子が生まれたら、上の子をとにかく可愛がれ』

というのは、よく聞く話ですが

このことをうまーいこと例えた話を聞いたので、

紹介したいと思います。







ある人が言っていました・・・




上の子にとって

母親が初めて赤ちゃんを家に連れ帰ってきた時の心境、

それは



「夫が愛人を家につれて来た事件」と似た心境なんだそうです。の画像1

夫が愛人を連れて帰ってきた時の

妻の心境と同じなんだと・・・!!








自分より若くて可愛い愛人がいても

夫が今までと変わらず

自分のことを第一に考えて、

大事にしてくれていると感じれば

「夫が愛人を家につれて来た事件」と似た心境なんだそうです。の画像2



愛人に対して

優しくしてやってもいいかな、と思えなくもないけれど

「夫が愛人を家につれて来た事件」と似た心境なんだそうです。の画像3





もしも夫が

愛人ばかりをちやほやとして

自分のことをないがしろにしていたら

「夫が愛人を家につれて来た事件」と似た心境なんだそうです。の画像4

おもしろくない。



「仲良くしてやってくれ」と言われても、到底無理なはなしです。

「夫が愛人を家につれて来た事件」と似た心境なんだそうです。の画像5



・・・ということで

下の子が生まれたら、

上の子を第一に考えてせっせと愛情を注ぎましょう。




と、いう話を聞いて

激しく納得したわたし。

「夫が愛人を家につれて来た事件」と似た心境なんだそうです。の画像6

それからは

本妻(長男)を放ったらかしにすることのないよう

以前にも増して気を配るように
なりました。






次回は、下の子を迎えるにあたって

上の子に配慮して、

わたしが実際にしたことについてお話したいと思います。

ではまた~

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ハナペコの画像
ハナペコ

1982年生まれ。京都府北部在住。
特技は脱力。趣味は観察。
長男・コー(9)、次男・シュン(5)、長女・ヒー(3)の三兄妹の母です。
仕事に母親業にと、...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 「夫が愛人を家につれて来た事件」と似た心境なんだそうです。