1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 「僕は歯ブラシのはぶちゃん!」子どもの歯みがきを楽しくするとっておきの攻略法とは?

「僕は歯ブラシのはぶちゃん!」子どもの歯みがきを楽しくするとっておきの攻略法とは?

「僕は歯ブラシのはぶちゃん!」子どもの歯みがきを楽しくするとっておきの攻略法とは?のタイトル画像

生後6ヶ月を過ぎたころからニョッキリ生えてくるのが、赤ちゃんの歯。小さなお口の中にある白い乳歯はカワイイですが、0歳から小学校低学年まで付き合っていく、子どもの大切な相棒でもあります。今日は、お子さんの歯みがきイヤイヤにめげず親子で楽しくできる歯みがきについて、我が家流の“攻略法”をご紹介します。

○○ちゃんに、歯が生えた!

という、某お笑い有名人さんの歌がむか~しありましたけれど(笑)、ご存じの方がどれくらいいらっしゃるか。親御さんにとって、我が子に歯が生えるというのは、成長を感じる出来事の一つだと思います。

でも、歯が生えたら生えたで、いろいろ大変なんですよね。おっぱいを飲むときに噛まれてしまったり、指を甘噛みされたり。赤ちゃんの歯はうすくて尖っているので、噛まれると大人でも「イターイ(泣)!」と声を上げてしまいます。

そしてもう1つの難関、それは「歯みがき」です。

じっとしていない赤ちゃんの歯みがきは大変!

赤ちゃんの歯みがきは、予想以上に大変です。もちろん、上を向いて口を開けて~なんてじっとしていてくれないし、たった数本しかないのに、歯をみがくに至るまで全然たどり着かないことも…。

でも、わが子が虫歯になったら大変!と気になりますよね。乳歯は、大人の歯である永久歯にいずれ生え変わるとはいえ、それまでの数年間を一緒に過ごす、大切な歯です。また、乳首や哺乳瓶をくわえる上の歯の裏側は特に、母乳やミルクがたまりやすくて虫歯になりやすいとも言われています。

歯をみがきたいママと、口の中をいじられることや身体を固定されることがイヤな赤ちゃん。その攻防で疲れ果ててしまうママも多いのではないでしょうか?

歯みがきシュッシュ♪我が家の歯みがき攻略法

実は、我が家では子どもに歯みがきを嫌がられたことがありません。歯が生えてからほぼ毎日歯みがきをしていますが、0歳の時も6歳の今でも、かぱっと口を開けてくれます。

もともと我が子がそれほど繊細ではない、と言えばそれまでなのですが…我が家の歯みがき作戦で、最も効果があった方法を紹介します!

私も夫も歯医者さんではありませんので、この方法なら必ず虫歯ができない!と保証したり確約するものではありません。虫歯や歯について心配事がある親御さんは、きちんと歯医者さんや、お近くの乳幼児健診センターなどの歯科検診などで問い合わせてみてくださいね。

「僕は歯ブラシのはぶちゃん!」子どもの歯みがきを楽しくするとっておきの攻略法とは?の画像1

「歯ブラシさんに声と人格を与えてみた」作戦!

我が家で一番効果があったのは、実はこの「歯ブラシさんに声と人格を与えてみた」作戦!

まだ前歯だけの0歳児の頃は、まさしくお茶を濁す程度(正確には白湯をあげてみたり…)でも良かったのですが、次々と歯が生えてきてからは、やはり歯ブラシを口に入れている時間が長くなってしまいます。

そこで、歯ブラシを息子の目の前に立たせ、まずはピョコンとご挨拶。
「こんにちは、○○くん!僕は歯ブラシの”はぶちゃん(ネーミングは何でもいいんですよ)”です!」

…やっているこちらとしてはちょっと恥ずかしいのですが、この際、ネズミの国の主人公の声でも、妖怪のお父さんの声でも、とにかく何でもいいので歯ブラシを擬人化させてしまいます。ふだんの声より明らかに高い声のほうが、反応が良かったです。

次にブラシの毛の部分を、少しずつ左右に、まるで首を振るように動かしたりして、子どもにコミカルな動きを楽しんでもらいます。

子どもがノッてきたところで、「○○君のお口の中、遊びに行ってもいい~?」とお伺いをたて、OKが出れば歯みがき開始。イヤ!と言われたら、泣き真似します(笑)

そんなことを繰り返しながら、もちろん歯みがき中も「あ!スゴイ!ピッカリしてきた!」とか、ちょっと噛まれたりしたら「イタタタ!やめてくれよ~」とか言いながら、歯みがきを進めるのです。

一点だけ注意して

ちなみに、歯をみがく時に1つだけ気をつけてほしいのが、「上唇小帯」という部分。上唇と、前歯の中心の歯茎をつなぐ、筋のような部分です。

この部分はとても敏感で、歯ブラシが触れると、それだけで赤ちゃんはとても嫌がります。子どもの頃の記憶力にはスゴイものがあるので、「以前、ここに痛いことされた!」と覚えていると、次も全力で拒否してきます。

上の前歯をみがくときには、大人の指で上唇小帯をカバーしてあげて、前歯を1本ずつ、縦にみがくなど、注意してあげてくださいね。

【参考】小帯(じょうしんしょうたい)についての説明が掲載されているサイトです。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

熊野薫

株式会社えん・プロおよび、産後ママのための保育つき出張リフレクソロジーサロン~みまもりリフレ~代表。
大学卒業後、大手サロンでのセラピスト・インストラクター経...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 「僕は歯ブラシのはぶちゃん!」子どもの歯みがきを楽しくするとっておきの攻略法とは?