1. >
  2. >
  3. >
  4. 息子に合った塾がなけりゃ、つくればいい! ★このばし日記★第10話

息子に合った塾がなけりゃ、つくればいい! ★このばし日記★第10話

息子に合った塾がなけりゃ、つくればいい! ★このばし日記★第10話のタイトル画像

自分の答えが○か×かで判断されて、数字で評価されることより、「学び」の楽しさをもっとたくさん知りたいというムスコの希望は叶うのか…?

さまざまな塾を調べてみたけれど

とにかく「受験勉強」を売ってる塾だけしか
なくて

ムスコの欲しい「学びの楽しさ」が手に入る
塾なんてなかったのです。

息子に合った塾がなけりゃ、つくればいい! ★このばし日記★第10話の画像1

いや、そもそも。

「受験」を無視した塾なんて

あるわけがなかろう。



では!
いっそ家庭教師ではどうだ!
と、また探してみたものの・・・

息子に合った塾がなけりゃ、つくればいい! ★このばし日記★第10話の画像2

笑えるほど

全く同じコンテンツだった。


・・・ない。



つまり、ないのだ。

「勉強」=受験勉強
という考えが、世間を網羅し・・・

純粋な「学び」に対しての需要が満たされるものは存在しなかった。

息子に合った塾がなけりゃ、つくればいい! ★このばし日記★第10話の画像3

なんでもそうだと思うけど、

納得できない野菜を買うくらいなら
自分で育ててしまえばいい。

納得できない洋服を買うくらいなら
自分で作ってしまえばいい。

そういう話で、

教育も
納得できない教育を買うくらいなら
自分で作ればいい。


・・・と、考えたわけです。

息子に合った塾がなけりゃ、つくればいい! ★このばし日記★第10話の画像4

ムスコの「学び」には
教育のプロとか、そういう実績は
むしろ不必要なので


とにかく「今、楽しそうにしてる人」を
twitterで探しまくりました。

そこで、見つけた当時高校生の青年に

「ムスコの家庭教師をやってくれ!」

と直談判したわけです。


さらっと書いていますが
家庭教師になってくれた青年は現役の灘校生で
15歳で開発したiPhone無料アプリが
ダウンロード数世界3位になった「Tehu」という超有名人でした。

息子に合った塾がなけりゃ、つくればいい! ★このばし日記★第10話の画像5

めちゃくちゃノリノリなムスコ。

Tehuくん先生に喰らい付きます。


なぜって、そりゃ。


きらっきらに
思いっきり面白い授業だったからです。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

中学校受験 受験 遊び・教育 教育 習い事

この記事を書いた人

うえみあゆみ

土壇場に強い、寂しがり屋の1人好き。 コミックエッセイを中心に執筆しています。
子供たちがまた赤ちゃんの頃に戻ってくれないかなと思っている二児の母。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 息子に合った塾がなけりゃ、つくればいい! ★このばし日記★第10話