1. 総合トップ
  2. >
  3. 産後
  4. >
  5. そんな言い伝えがあったとは!赤ちゃんの首の「赤いあざ」に隠された秘密とは?

そんな言い伝えがあったとは!赤ちゃんの首の「赤いあざ」に隠された秘密とは?

そんな言い伝えがあったとは!赤ちゃんの首の「赤いあざ」に隠された秘密とは?のタイトル画像

首のうしろに、赤いあざがある赤ちゃんがいます。この赤いあざには、とっても神秘的なネーミングがあるのをご存知ですか?世界中でとっても素敵な言い伝えがあるんですよ。

赤ちゃんの首の後ろ、赤くなっていませんか?

そんな言い伝えがあったとは!赤ちゃんの首の「赤いあざ」に隠された秘密とは?の画像1

この写真は、生後10日の赤ちゃんです。首の後ろに赤いあざが見えるのがわかりますか?赤ちゃんはその名の通り「赤みが強い」ので、生まれて間もなくはこのあざは目立ちません。しかし、多くの割合でこのあざのある赤ちゃんがいます。薄くて目立たないこともあれば、この写真のようにはっきりと大きいこともあります。

このあざには別名があるのです。何をイメージしますか?それは…

コウノトリのくちばしのあと

このあざの正しい呼び方は「ウンナ母斑」。そして、別名は「コウノトリのくちばしのあと」です。

昔から言い伝えられている「赤ちゃんを運んできてくれるトリ」といえば、コウノトリですよね?このあざには、コウノトリが「絶対に落としてはいけないと、大事に大事に運んできてくれたクチバシのあとがついているよ」という言い伝えがあるのです。神秘的!!

このウンナ母斑は、1歳ころまでにはほとんど見えなくなります。この写真のようにはっきりとあるお子さんは、入学頃まで目立つこともありますが必ず消えます。あざなので、お薬を塗っても治りません。何もしなくても消えますので安心してくださいね。

妊娠中のママを守るための言い伝えも

昔から「妊娠中に火事を見るとあざのある赤ちゃんが生まれる」という言い伝えもあるため、赤ちゃんにあざがあると「妊娠中に火事を見たからでしょうか」と心配するママさんもいらっしゃいますが、もちろん関係ありません。そのような言い伝えは「妊娠中に強い精神的ショックを受けないように」と妊婦さんを守るために言われていたのだろうと思います。

この記事を書いた人
momotaroの画像
momotaro

埼玉県内の助産院院長。

助産師・看護師として、幸せな母乳育児をアドバイス。
母乳育児支援では「ママにとってのラクチン授乳」と「赤ちゃんの気持ち通訳」を...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 産後
  4. >
  5. そんな言い伝えがあったとは!赤ちゃんの首の「赤いあざ」に隠された秘密とは?