1. >
  2. >
  3. そんな言い伝えがあったとは!赤ちゃんの首の「赤いあざ」に隠された秘密とは?

そんな言い伝えがあったとは!赤ちゃんの首の「赤いあざ」に隠された秘密とは?

そんな言い伝えがあったとは!赤ちゃんの首の「赤いあざ」に隠された秘密とは?のタイトル画像

首のうしろに、赤いあざがある赤ちゃんがいます。この赤いあざには、とっても神秘的なネーミングがあるのをご存知ですか?世界中でとっても素敵な言い伝えがあるんですよ。

赤ちゃんの首の後ろ、赤くなっていませんか?

そんな言い伝えがあったとは!赤ちゃんの首の「赤いあざ」に隠された秘密とは?の画像1

この写真は、生後10日の赤ちゃんです。首の後ろに赤いあざが見えるのがわかりますか?赤ちゃんはその名の通り「赤みが強い」ので、生まれて間もなくはこのあざは目立ちません。しかし、多くの割合でこのあざのある赤ちゃんがいます。薄くて目立たないこともあれば、この写真のようにはっきりと大きいこともあります。

このあざには別名があるのです。何をイメージしますか?それは…

コウノトリのくちばしのあと

このあざの正しい呼び方は「ウンナ母斑」。そして、別名は「コウノトリのくちばしのあと」です。

昔から言い伝えられている「赤ちゃんを運んできてくれるトリ」といえば、コウノトリですよね?このあざには、コウノトリが「絶対に落としてはいけないと、大事に大事に運んできてくれたクチバシのあとがついているよ」という言い伝えがあるのです。神秘的!!

このウンナ母斑は、1歳ころまでにはほとんど見えなくなります。この写真のようにはっきりとあるお子さんは、入学頃まで目立つこともありますが必ず消えます。あざなので、お薬を塗っても治りません。何もしなくても消えますので安心してくださいね。

妊娠中のママを守るための言い伝えも

昔から「妊娠中に火事を見るとあざのある赤ちゃんが生まれる」という言い伝えもあるため、赤ちゃんにあざがあると「妊娠中に火事を見たからでしょうか」と心配するママさんもいらっしゃいますが、もちろん関係ありません。そのような言い伝えは「妊娠中に強い精神的ショックを受けないように」と妊婦さんを守るために言われていたのだろうと思います。

世界中でかわいい表現がついている!

「コウノトリのくちばしのあと」と呼ばれるウンナ母斑のことを、ヨーロッパでは「天使のキスマーク」と表現するようです。「生まれる前に天使さんが特にかわいがっていた子には、生まれてからもすぐにわかるようにキスマークをつけている」という言い伝え。さらに神秘的ですよね!

世界中の多くの赤ちゃんについているウンナ母斑。コウノトリとか、天使さんとか、とってもロマンティックなネーミングがついているこのあざ。ほとんどは子どものうちに消えますが、大人になってお酒を飲むと赤く見えることもあります。お酒を飲んだら「コウノトリのくちばしのあと」が浮き上がってくる…なんて考えたら、なんだか楽しいですよね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

出産・産後 健康管理 病気・怪我・健康

この記事を書いた人

momotaro

埼玉県内の助産院院長。

助産師・看護師として、幸せな母乳育児をアドバイス。
母乳育児支援では「ママにとってのラクチン授乳」と「赤ちゃんの気持ち通訳」を...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. そんな言い伝えがあったとは!赤ちゃんの首の「赤いあざ」に隠された秘密とは?