1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 立ち会い出産、する?しない?夫婦で満足のいく出産にしよう

立ち会い出産、する?しない?夫婦で満足のいく出産にしよう

立ち会い出産、する?しない?夫婦で満足のいく出産にしようのタイトル画像

出産の時にパパが立ち会うか立ち会わないか、夫婦で話すことが一度はあるかと思います。立ち会いを希望するかしないか迷っているパパママに、少しでも参考にしてもらえたらと思います。

立ち会い出産ってどんな感じなの?

立ち会い出産とは、分娩室に家族が入って、赤ちゃんが産まれてくる瞬間に立ち会うというもの。基本的にパパはママの頭側に立つ事が多いので、思ったより見にくい状況になります。ママが頑張っていきんでいるところから、赤ちゃんが出てきて第一声を聞くまでを見るため、妊娠中~陣痛→出産という一連の流れが理解しやすいでしょう。

ママが命をかけて苦しみ頑張った末に、耳に入ってくる我が子の第一声。
安心感と初めての感覚で、とても感動するパパが多いです。ママとその感動を分かち合えるので、パパもママも幸せな気持ちを2人で共有できるでしょう。

また、最近では自分の両親や上の子、友達までも立ち会っていい病院があります。誰がどのように立ち会いをしていいかは病院によって違いますので、必ず確認するようにしてくださいね。

パパがいてくれるだけで出産がスムーズに!?

一緒に感動することにより夫婦の絆が深まる事はもちろんですが、それ以外にもメリットは沢山あります。

陣痛中からパパがいてくれるだけで、ママの心の支えになります。言いたいことを言いやすいですし、弱音を吐きたい時も常に聞いて励ましてくれます。心の支えがあると気持ちが安定し、ホルモンの安定につながりスムーズな陣痛へと繋がっていきます。

逆に不安や恐怖感が強いと、陣痛が弱まってしまって難産へとつながることも…。このように、パパが寄り添ってくれる事は安産へ導いてくれる事ともいえます。

痛い時はパパにマッサージしてもらう!

陣痛が辛くなってきたら、パパにマッサージをしてもらいましょう。腰をさすったり圧迫したり、パパがいれば常に痛みを和らげようとしてくれるはずです。助産師ももちろん行いますが、他にもやることがあれば四六時中ついているというのは難しいという現実も…。その点パパは、常に自分にだけついてくれているため、ずっとマッサージをしてもらう事ができます。助産師よりもパパに対しての方が言いやすい人が多いので、「違う!もっと下!!」など、皆さんガンガン希望を伝えています。

立会出産は、出産直後の写真が撮れる!

出産に立ち会うと、出産直後に写真を撮ることができるため、立ち会ったぞ!という臨場感あふれる素敵な1枚を撮ることができます。産まれたての写真は一生残るため、お子さんにとっても素敵なプレゼントになるはずです。

血が苦手なパパは!?

このようにいいことも沢山ありますが、血を見るのが苦手というパパもいますよね。基本的にママの頭側に立ってもらい、下の方は見にくいようにしてあるところが多いため、見にくいようにはなっています。また、苦手だなと思われるシーンは目をそむけてもらえれば、そんなに血を目にするという事はないでしょう。私たち助産師も、できるだけ血を見せないように介助をし、赤ちゃんとの対面の時もできるだけ拭き取ってからご対面してもらっています。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

mona

埼玉で働く、カメラとDIYが好きな現役助産師です。
マタニティヨガ・産後ヨガインストラクター・野菜ソムリエ
何事も楽しもうとする事が特技。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 立ち会い出産、する?しない?夫婦で満足のいく出産にしよう