1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 子どもの野菜嫌いを克服するために私のやっている3つの工夫

子どもの野菜嫌いを克服するために私のやっている3つの工夫

子どもの野菜嫌いを克服するために私のやっている3つの工夫のタイトル画像

離乳食が完了したころは食べていたはずなのに、現在2歳の娘は、なかなか野菜を食べません。やっぱり作ったものを食べてもらえないのは悲しい…。それに、栄養のためにも食べなきゃいけないのに!と焦ることもしばしば。そんな我が家で子どもが野菜を食べられるようにやってみていることをご紹介します。

まずは楽しい食事時間を

せっかく作った食事。ママは食べてもらえないとガッカリしますよね。でもまずは、楽しく食事をするように心がけています。そのため、私は子どもの食事に気合いを入れすぎないようにしています。頑張れば頑張るほど、食べてもらえなかったときの悲しさが増すからです。余裕がある日で、ちょっと凝ったとしても、期待しすぎないように自分に言い聞かせています。



「食べなさい!食べてよ!」そんな風に思わず、「食べないの?あらー。美味しいのにね~。 」と流すようにして食材の話をしたり、今日の出来事を話したりしています。ちなみに我が家は、平日の夕食は娘とふたりきりです。

野菜は全く食べない?

野菜を食べてもらうことに半ばあきらめたころ、突然食べたのです。お味噌汁にいれた小松菜の茎の部分。意外でした。離乳食で葉を使っていたこともあり、茎より葉のほうがいいと思い込んでいた私。シャリシャリした触感が好きなようでした。



もちろん毎食は食べてくれず、気分によっても違いはあります。そのほか、お好み焼き、ハンバーグの中の野菜は食べています。ただ、野菜を食べてほしいからと多めに入れると食べませんでした。その子によって食べやすい調理法があるかもしれませんね。

スープなら飲むかも?!

離乳食でもよく作ったスープ。じゃがいもや玉ねぎ、さつまいも、カボチャなどのスープは飲める子が多いです。素材の味だけでは物足りなくなってくる時期なので、よく炒めた玉ねぎを入れたり、塩やコンソメを少量入れてみたり。薄味だけど好きな味つけをするようにしました。



我が家では、カレーの野菜を残してしまいます。なので、圧力鍋で野菜を煮たあとブレンダーでスープ状にしてそこにルーを溶かします。野菜の甘みも加わり、喜んで食べてくれます。

このほかに私が気をつけていることは、まずは自分がおいしそうに食べることです。「おいしい」と笑顔で食べていると、そのうち子どもも食べたくなるかな?と期待しています。



あまり気合を入れずすぎず、そのうち食べるだろうというお気楽な気持ちで頑張りましょう!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

ふもにゃん

2歳になる女の子のママです。
妊娠中に夫の転勤で東京に来ました。
見知らぬ土地で、知り合いもいない中の初めての育児で経験したこと学んだことをお伝えできればと...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 子どもの野菜嫌いを克服するために私のやっている3つの工夫