1. >
  2. >
  3. >
  4. 読書の秋!ママが疲れた時に読んでほしい本2選

読書の秋!ママが疲れた時に読んでほしい本2選

読書の秋!ママが疲れた時に読んでほしい本2選のタイトル画像

ママ歴13年の私ですが、子どものことにとらわれ過ぎて、周りが見えなくなることもたまにあります。そんな時、一呼吸おいて自分を見つめ直すツールとして、育児や自己啓発に関する本を読むこともあります。読書によって、心が洗われ、チャージができますよ!

出典:https://www.flickr.com/photo.gne?id=16304527862

読書タイムで母としての「初心」に戻ろう!

まだまだ半人前の私ですが、ママ歴13年ということもあって、年数的にもおそらく“ベテランママ”の部類です。私は二人の子どもに「あれしなさい、これしなさい」「また忘れ物なの?」などと、小言を無意識に言ってしまい、後で心の中で反省するという母です。



そこで私は、このままではいけないと思う時に「読書」をすることにしています。育児関連の本や自己啓発、心理学を中心とした話題の本を買ったり、借りたりして、すき間時間を使って読みます。



そうすると、自分が初めて母になった新鮮な気持ちになり、「初心」を取り戻すことができるのです。次の項目では最近、読んだ2つの本を紹介します。

おすすめ1:『こどもはみんな問題児。』

以前、このサイトでも取り上げられていた話題の育児系書籍です。著者は名作・ぐりとぐらシリーズの生みの親でもある中川李枝子さんで、今年(2015年)に書かれた育児書です。



中川さんの実の妹である、山脇百合子さんが描いたかわいらしい表紙と『問題児。』というタイトルは、とてもインパクトがあります。私の夫はこの表紙を見て、物珍しそうに見ていました。



中川さんはもともと東京の世田谷で保育士をしながら、絵本の創作活動に取り組んでいた方です。中川さんご自身が経験した育児や保育園でのエピソードをベースとした45あるメッセージは実に愛情がこもっていて、読む側も心が晴れやかになります。



「本来の子育てには、考え込まなくても自然体でシンプルな子育て術もたくさんある」ということが書かれているとともに、現在の日本の子育て事情も踏まえた、子育てのヒントも書かれています。また、この本は1セクションにつき2〜3ページ編成になっているので、すき間の時間にも読めるということも魅力です。



実際に私もじっくり読みましたが、「子どもの生きる力を信じる」「子どものありのままの個性を認める」という2点に着目して、これからの子育てを楽しもうと心に決めました。



育児書というと、初心者のママが読む本というイメージがありますが、思春期の子どもを持つ私でも非常に参考になる本でした!一つ一つがわかり易く、ママ目線で柔らかく表現されているので、内容も頭に入ってきやすい本です。

読書の秋!ママが疲れた時に読んでほしい本2選の画像1

おすすめ2:『面倒だから、しよう』

ベストセラー『置かれた場所で咲きなさい』の著者である渡辺和子さんの本です。渡辺さんはカトリックのシスターであり、ノートルダム清心女子大の理事長をされている方です。



誰だって「面倒くさい」と思うことはあると思います。スマホ主流の情報化社会の今、生活も便利になり、わざわざ手間のかかることをすることに抵抗のある人もいます。この書籍では゛面倒゛に思うことを丁寧にすることによって、心豊かな人間になるヒントがたくさん、詰まっています。



特に、書籍の夫婦を円満にする会話術「゛の゛の哲学」は私にとって印象的だった項目です。夫婦の゛の゛の哲学の会話は次の通りです。



夫が仕事から帰ってきた夜のシーンで、

夫「今日はたくさん、飲んじゃった。」

妻「あらまぁ、飲んじゃったの?」



妻は会話の末尾に゛の゛をつけると、夜のお疲れモードでも夫婦の会話も円滑に続くそうですよ。ここで妻が「連続して飲んじゃって!」などと少し怒りモードで会話すると、夫の疲れも増えるようです。この会話は子どもとの会話でも応用ができると思います。



この本を読んでみて、心が洗われて、毎日、喜んで丁寧に生活を過ごそうと思いました。また読んでみたい書籍の一つです。

読書の秋!ママが疲れた時に読んでほしい本2選の画像2

『面倒だから、しよう』をご購入の方はこちら

育児だけでなく、家庭や仕事などにも使える!

今回紹介した書籍は、双方とも育児のヒントになる内容もありますが、家庭や仕事、ママ友の付き合いでも応用できる項目もありました。また、読書好きな方や好奇心旺盛な方へのギフトとしても、おすすめできますよ!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

たかるみ

中学生の娘と小学校高学年の息子がいる2児のアラフォーママです!

ママ歴13年の経験を生かして、育児・教育&受験・住まい・アロマなど……あらゆるジャンルの記...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 読書の秋!ママが疲れた時に読んでほしい本2選