子どもの力を引き出すには、子どもの力を【信じ】、【スキンシップ】をはかり、【励ましほめる】ことに尽きます。親の役割は、子どもが育つ土壌作りです。親は「子どもの添え木」であればいいのです
人間だれでも自分で伸びる力を持っています。伸びる力を信じることが大切です。自分が伸びる力を持っているということを子ども自身が気づけるように、「あなたの何でも丁寧にすることが素晴らしい。」「元気いっぱいのところが素晴らしい」「あきらめずにがんばれるところ素晴らしい」など、子どものいいところを見つけて、ほめて、励ましていくことが、親として1番大切な仕事だと思います。