帰国後に大切なのは、現地で作った友達&ホームステイ先とのコネクションを活性化させることです。わが家では、2家族と仲良くなって、親同士がメールアドレスを交換しました。(どこの国でも、親日家はいるもので、正直にうれしいですね)



親同士は、簡単に自己紹介し、Facebookなどでつながりましたが、子ども同士はこれから文通をスタートです。どんな事を書こうか? どんなことを質問してみようか? 何か写真を撮影して送ろうか? 日本からのプレゼントはどんなものがいいかな?など、話がふくらんでいます。



「出会いと、コミュニケーションを大切にできる子ども」そして「日本について、自分のまわりの生活について、上手に伝えられる子ども」に育ってほしいと考えています。



文通のサポートは大変だけど、大切なフォローアップだと感じます。なお、ホームステイ先には、記念品とフォトブックをお送りしました。来年も、また遊びに行きたいな!