1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. おしゃれにすっきり片付く家事コーナー「ママ専用コーナー」をつくってみよう!

おしゃれにすっきり片付く家事コーナー「ママ専用コーナー」をつくってみよう!

おしゃれにすっきり片付く家事コーナー「ママ専用コーナー」をつくってみよう!のタイトル画像

家事コーナーの中でもママ専用コーナー、みなさんのお家にありますか?「今流行りの家事コーナー?うちは賃貸だし、そんな場所はありません!!」いえいえ、そんな大げさなもので無くていいんですよ。おうちの中で「ママのためのママだけの専用コーナー」をつくる。これって、とても大切な事なのです。

子どものコーナーはあるのに、自分のコーナーは後回し

お子さんのおもちゃや遊びのコーナーって、お家にありますよね。それなのに、ママ専用のコーナーは無い、っていうこと多くないですか。



「だって、キッチンが私のコーナーだもの!」

「私は、リビングで寛ぐから別に自分のコーナーが無くてもいいです!」



そんな事を思っているお母さん。キッチンや、リビングって、ご家族もウロウロしていませんか?

自分専用コーナーはちょっとしたスペースでいい!

自分専用のコーナーと言っても、広い場所である必要はありません。例えば、キッチンカウンターの端っこ。



そこには、家族のモノは一切置かず、自分だけの好みの、自分だけがテンションが上がるモノを、置いてみて下さい。好きな雑貨でもいいし、雑誌の切り抜きや、好きなポストカード。いつかいってみたいお店や、買いたいモノの写真などをコラージュして、コルクボードなどに貼りつけてもいいですね。

おしゃれにすっきり片付く家事コーナー「ママ専用コーナー」をつくってみよう!の画像1

自分専用コーナーが無理なら

それが無理なら、自分専用のファイルBOX一つを用意してみて下さい。そしてそこには、自分がワクワクするような情報を集めて、収めましょう。



毎日忙しければ、雑誌なんて切り抜く時間すらありませんよね~。そういうママは、雑誌のページをびりっと破いて、それをファイルに入れていくだけでも。ご自分のアンテナを張っておけば、ワクワクする情報は新聞や広報からなど、身近な所からゲットできますよ。



BOXの中には「料理」「お出かけ」「買い物」「将来の夢」。そんな風に、ご自分の好みのジャンルごとに情報を入れる、クリアファイルを用意されてもいいですね。

それに何の意味があるの?

「子どもに振り回されて、毎日がアッという間に過ぎる!」「自分の事を振り返る時間が無い!自分の事はついつい後回し!」



これって、子育てママの「あるある」ですよね。そんな大変な一日の中で、少しだけホッとしたい時、子どもからちょっとだけ離れたい時、時間に追わればかりの毎日に不安になった時。自分のコーナーを見れば、きっと気持ちが安らぎますよ。ファイルボックスに溜めた「自分の好き!」を集めた画像や、情報を見て、ワクワク出来るかもしれません。

おしゃれにすっきり片付く家事コーナー「ママ専用コーナー」をつくってみよう!の画像2

所属感と安心感も味わえる

これは、犬のマーキングと似ていて、家の中に自分専用のコーナーがあるだけで、「自分は自分でいてもいいんだ」という安心感や、「でも家族の一員で居てもいいんだ」という所属感が得られるのです。



騙されたと思って、ぜひ一度、ご自分専用のコーナーを作ってみて下さいね!

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

ライフスタイル 家事 片付け

この記事を書いた人

ライフオーガナイザー スター・ペアレンティングファシリテーター 横田ちひろ

はじめまして。兵庫県宝塚市のライフオーガナイザー(家庭環境オーガナイザー)横田ちひろです。
環境は人を育みます。「おうち環境」を整えて、親子は「もっと楽に」「...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. おしゃれにすっきり片付く家事コーナー「ママ専用コーナー」をつくってみよう!