1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 7-12歳児
  6. >
  7. ピアノの親子連弾にむけて毎日練習!イライラ募る私が忘れていた”大切なこと”

ピアノの親子連弾にむけて毎日練習!イライラ募る私が忘れていた”大切なこと”

ピアノの親子連弾にむけて毎日練習!イライラ募る私が忘れていた”大切なこと”のタイトル画像

マイペースにピアノを続けている娘。ある日、発表会で親子連弾をすることに。親子で猛特訓が始まりました。本番が終わり、娘が放った一言に衝撃…!


マイペースにゆっくりタイプの娘


小学3年生の娘は、幼稚園の頃からピアノを習っています。

楽譜を読むのも、指を動かすのも、ゆっくりタイプの娘。

毎日学校に行く前に数分ピアノの前に座って、マイペースにピアノを弾いています。

新型ウイルスの影響で、毎年行われていた発表会が2年連続で中止に。

そんな状況もあり、「目標を持ってピアノを弾く」ということが最近はありませんでした。


ある日、私が昔習っていたピアノの先生から、娘と発表会で連弾してみないかというお誘いが!

せっかくの機会だからと、親子で出演することにしました。

ピアノを弾くのが久しぶりな私と、マイペースに続けていた娘の連弾。

そこから約数ヶ月の挑戦がはじまりました……!


ピアノの親子連弾にむけて毎日練習!イライラ募る私が忘れていた”大切なこと”の画像1
pixta_71547708_S

毎日練習。でも、気持ちばかりが焦る日々


私も娘と同じころからピアノを習い始め、20年程続けていました。

娘の様子を見ていると小言を言ってしまいそうな自分がいるので、あえて娘のピアノからは距離を取っていた私。

この機会に、毎日関わるようにしました。

選曲は娘がお気に入りの曲。

娘にとってはすこし難易度高めです。

毎朝一緒に十分程練習をしていたのですが、これが私にとっての試練の連続!

「この音違うよ!」
「ちゃんと楽譜を見て!」
「また指使い違う!」

気になる所が山のようにあり、喉まで出かけた言葉をグッと我慢する日々。

本心では「娘に音楽を楽しんでほしい」「音を楽しむから音楽!」と思っているので、褒めてからアドバイスしてみたり、出来たことに驚いてみたり、いろいろと試行錯誤をしていました。

それでも何度も同じ間違いをする娘に朝からイライラして、結局言いすぎてしまい、娘は拗ねたり泣きだしたりしまうこともありました。

新しい部分を弾く度に、「難しい……」と大粒の涙を流す娘。

夫婦で励ましながら、毎日少しずつ弾けるところを増やしていきました。


そして続ける事3ヶ月、ようやく最後まで譜読みができた時には、2人でハイタッチ!

本番がどうであれ、ここまで2人で頑張れたことにひとまず達成感いっぱいでした。

ただ、ついに本番前日まで、娘はノーミスで弾くことはできませんでした。

繰り返す部分で繰り返し続けたり、似たようなメロディーが出てくると飛ばしてしまったり。

本番一週間前には私も開き直り、「あなたならきっと大丈夫だよ!」と励ますことに。

さて、どうなることやら……


ピアノの親子連弾にむけて毎日練習!イライラ募る私が忘れていた”大切なこと”の画像2
pixta_87022762_S

その度胸に、もはや尊敬


そして迎えた本番当日。

お気に入りのドレスを着て、ご機嫌な娘。

会場につくと「わぁ!緊張してきた!」と、なんだか緊張も楽しんでいる様子。

私のパートはそれほど難しくなかったこともあり、「大丈夫!どんなことがあってもママが合わせに行くから、いつも通りでいいんだよ」と声をかけていました。


そして2人でお辞儀をしてピアノの前の椅子に並んで座ると、娘がキラキラした瞳で一言。

「ママ、最初の音ってこれだよね?」と。

「うん!あってるあってる!」と小声で答えながらも、私にはどっと不安が押し寄せました。


いざ演奏が始まると、緊張していた娘もだんだんノリに乗ってきたのがわかりました。

娘の様子を気にしつつも

「まさか娘とピアノの発表会に出ることになるなんて……」
「この間生まれたばっかりなのに、大きくなったなぁ」

なんて感慨にふけっていると、私がまさかのミス。

結局娘にカバーしてもらい、なんとか事なきを得ました。


本番に強い娘は、隣で無敵状態になっていき、難しい中盤・毎回間違えていた終盤も難なくこなし、なんと初めて最後までノーミスで弾き終えたのです!

舞台から降りた途端、びっくりして「すごい!!完璧だった!!どうして!?」と私は娘を質問攻め。

一方、娘はあっけらかんとした顔で振り返り、「え!?本番って成功するもんでしょ!?」と一言。

なにそのドラマみたいなセリフ!

その度胸がすごすぎる!

私の頭の中の辞書にはなかった、予想外の返事が返ってきました。


ピアノの親子連弾にむけて毎日練習!イライラ募る私が忘れていた”大切なこと”の画像3
pixta_34608023_S

一人で歩き出している娘


娘は娘、自分は自分と頭では分かっていたものの

「私はこれくらい練習していたはず」
「私が小さい頃はこの曲を弾いていた」

と、いつの間にか私自身の記憶と比べてしまっていたのだと思います。

今回のピアノの発表会を通じて、「娘は私とは全く違う」ということを改めて感じました。

確かに私の娘で、赤ちゃんのころから毎日一緒に過ごしてきたけれど、私ではありません。

娘は確かにちょっと不器用な部分もあるかもしれませんが、その羨ましいほどの度胸は私にはありません。


昔の小さな私は自分の心の中にそっとしまって、昔の自分と今の娘を比較するのはやめておこう。

そして、娘の人生を応援しつつ、私は自分の人生を楽しもう。

発表会からの帰り道、そんなことを考えながら眺める娘の背中は、自分の人生を楽しんで輝いて見えました。


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ふくふくの画像
ふくふく

小学年生の娘と、5歳の息子、夫との4人暮らしです。日常の小さな喜びを大切に、日々過ごしています(^^)
...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 7-12歳児
  6. >
  7. ピアノの親子連弾にむけて毎日練習!イライラ募る私が忘れていた”大切なこと”