1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3-6歳児
  6. >
  7. 5歳の息子に励まされて、涙。悩んでいたあの頃の自分に全力で伝えたいこと

5歳の息子に励まされて、涙。悩んでいたあの頃の自分に全力で伝えたいこと

5歳の息子に励まされて、涙。悩んでいたあの頃の自分に全力で伝えたいことのタイトル画像

赤ちゃん返り、ママイヤ期など、母親としての壁を沢山感じてきた息子との日々。けれど、もうすぐ5歳になる息子の思いがけない一言に、思わず感動で涙してしまいました。


年子育児の終わらないイヤイヤ期


わが家の息子はもうすぐ5歳。

息子は約3年前、私が年子の妹を妊娠中から赤ちゃん返りが始まりました。

その後さらにイヤイヤ期とママイヤ期を同時進行させ、当時ワンオペ育児中だった私は正直、精神的にかなり追い込まれました。

記憶が曖昧になるほど忙しい毎日の中で、息子とうまくコミュニケーションが取れないことが不甲斐なく、私は毎日のように1人で泣いていました。

そんな息子も、4歳になってからはずいぶんと落ち着き、「ママ、遊ぼ〜」と誘ってくれるように。
(それまではパパとばかり遊びたがっていました。涙)

やっと心穏やかな日々が訪れた…!と喜んだのも束の間。

今度は、3歳になった下の娘のイヤイヤ期が始まりました。


遅れてやってきたイヤイヤ期はかなり苛烈で、それまで聞き分けが良かったぶん戸惑いもあり……。

成長の一過程とはいえ、娘への対応に悩むことも多くなっていました。

5歳の息子に励まされて、涙。悩んでいたあの頃の自分に全力で伝えたいことの画像1
pixta_66374365_M

息子からもらった励ましの言葉


そんな中、息子の歯医者の定期検診の予約を朝一番でしていた日のこと。

先に娘だけ保育園に預け、息子を歯医者に連れて行く予定でした。

娘は行きの車内で機嫌よく鼻歌を歌っていたので、「時間も余裕あるし、良かった……」などと油断していました。


ところが、娘は園に着いた途端、「保育園、行かない!」と言い始めたのです。

優しく言い聞かせても、お願いしても、気を逸らそうとしてもガンとして玄関から入ろうとしない娘。

いつも一緒の兄と別れ、自分1人で園に行くのが嫌だったのかもしれません。


でも歯医者の予約の時間が迫るなか、後の仕事の予定を考えて焦ってしまう私。

そんな私の思いを知ってか知らずか、娘は頑なに登園を拒否。朝の混み合う玄関で、私や先生の抱っこを拒否して暴れる娘と、マスクをしててもわかるであろう困り果てた顔をした私。

周りの目も気になり、神経がすり減る時間が流れました。


担任の先生が色々と働きかけてくれて、なんとか園の中に娘が入った頃には、予約の時間になっていました。

やっとの思いで歯医者に息子を連れて行きましたが、予約の時間はとうに過ぎており、受付では「今日診察はできません」と予約の取り直しに。

歯医者嫌いの息子は、診察にも時間がかかるためだと思われます。

仕方のないことですが、「前々から息子を説得してせっかく連れてきたのに……」と、私は悲しい気持ちになりました。

歯医者に備え付けてあるオモチャを触っていた息子を車に連れて戻り、「ごめん、予約に間に合わなくて今日の歯医者は無くなっちゃったんだ」と車内で謝りました。

「え、妹ちゃんが保育園に行かなかったせいじゃん!」と憤る息子。

私は娘へのフォローの意味も込めて、「違うんだよ、ママがうまく妹ちゃんにお話できなかったからだよ。ママ、お話下手っぴだったから失敗しちゃったんだ」と話したところ、息子が、思わぬ言葉を返してくれたのです。


「下手っぴなんかじゃないよ!そんなこと言っちゃダメだよ」




息子の成長を感じて涙


予想外のひと言に、私は驚いて少し反応が遅れました。

ママイヤ期の頃の息子のイメージで、「ママのせいだ!」と怒られるのかなぁと勝手に予想していたからです。

そんな私を見て心配になったのか、さらに息子は「難しいことなんだからしかたないよ、下手っぴじゃないんだよ」とさらに言葉を続けました。



急な予定変更、娘からの激しい拒否、気になる周りの目など朝からかなりストレスが溜まっていた私。

優しい言葉をかけてくれる息子の前で一気に涙腺崩壊して、「そっか、そうだよね、ありがとう」と言うのが精いっぱいでした。

涙が出たのは息子の言葉の内容にももちろんですが、まさか、「あの」息子からこんな励ましの言葉をもらう日が来るなんて!
という気持ちも大きかったです。

ママイヤ期全盛だった頃。

ワンオペでパパがいないのに、

「ママとお風呂入りたくない!パパがいい!」
「ママの(注いだ)牛乳飲みたくない!パパがいい!」

などとママイヤ期をそこらじゅうで炸裂させていたあの頃の息子。

目の前にいたのはもう、「ママはイヤ!」と言ってばかりのあの頃の幼い男の子ではなく、「下手っぴ」というワードにひそかに込めていた母の自虐を掬いとる思いやりを持つ少年でした。



5歳の息子に励まされて、涙。悩んでいたあの頃の自分に全力で伝えたいことの画像2
pixta_21598549_M
この記事を書いた人
あめのの画像
あめの

3歳息子と2歳娘の母、あめのです。

年子育児に奮闘しつつ自分と向き合う日々は
慌ただしいですが宝物です。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3-6歳児
  6. >
  7. 5歳の息子に励まされて、涙。悩んでいたあの頃の自分に全力で伝えたいこと