「新設校」の建物がボロだった!?中学校見学で気付かされた、本当に大切なことのタイトル画像
公開 2021年08月13日   更新 2022年08月08日

「新設校」の建物がボロだった!?中学校見学で気付かされた、本当に大切なこと

30,746 View

9月からベルギーの中学校に通う長女。家族で中学校見学に行った際、様々なことに驚いたのですが……?


>シリーズの最初から読む


まいどおおきに!

昨日産んだばかりと思っていた長女が9月には中学生になることが、未だ信じられない系オカン、さとえみです。

新型ウイルスの影響で半ば諦めていたところ、長女が進学する中学校の説明会に行くことができたのですが、その時にとても印象的だったことがあります。

「新しい」と聞いていたその中学校は……?

「新設校」の建物がボロだった!?中学校見学で気付かされた、本当に大切なことの画像1


ものすごく年季が入っていました。

建物としては、最低限の手入れしかしてなさそう。

夏休み中ということもあって、中庭には雑草が生い茂り、びっくりを通り越して不信感すら募りました。

「聞いてた話と何か違う〜!」と思ったのですが……。

「新設校」の建物がボロだった!?中学校見学で気付かされた、本当に大切なことの画像2


古ぼけた黒板やプロジェクターの隣に、新しい電子掲示板(電子黒板)が鎮座しているところで「オッ!」となり……。

勉強する机も、議論をするための手作りの椅子も円形になっているところで「オオーッ!」となり……。

さらには、自ら学校説明をしてくれる在校生の堂々とした様子を見て、ものすごく感動しました。

内容がユーザ目線の説明であるという点も良かったのですが、この学校に通っている生徒がこれだけ立派に説明できているという事実を目の当たりにして、これ以上の説明があるだろうか(いやない)と思いました。

「新設校」の建物がボロだった!?中学校見学で気付かされた、本当に大切なことの画像3


そういえばヨーロッパでは、古い建物を壊さず中身の方だけ改築するというやり方が主流です。

新しい技術ややり方を積極的に取り入れますが、古い物も大事にするという考え方です。


今回の件も、そういった想いや考え方の表れなんだと改めて感心しました。

こういう場所で勉強できる長女がうらやましいです。


ほなまたね !

※ この記事は2024年04月06日に再公開された記事です。

Share!

ベルギーから、まいどおおきに!のタイトル画像
ベルギーから、まいどおおきに! #89
さとえみのタイトル画像 さとえみ