1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 「もっと息子とお出かけしたかった~!」こんなに悔しいのはなんで?

「もっと息子とお出かけしたかった~!」こんなに悔しいのはなんで?

「もっと息子とお出かけしたかった~!」こんなに悔しいのはなんで?のタイトル画像

不要不急の外出を控えるようになって1年くらい経ちました。息子が生まれてからのお出かけを思い出していると、そんなに出かけられていないことに気付きます。悔しい、悲しい…というモヤモヤが私を包み込むけれど、これはなぜだろう?とふと考えてみました。


こんにちは。にくQです!

不要不急の外出を控えるようになって1年くらい経ちました。

今回は、この『外出』についてあることに気付きます。


「もっと息子とお出かけしたかった~!」こんなに悔しいのはなんで?の画像1


時節柄、外出をしづらくなったことにより、親子3人で外出がほとんど出来なかったことに気付きます。

この時の私の気持ちは、「悔しい!悲しい!」でした。

1歳や2歳の頃にもっとたくさんお出かけして、色んなものを見てほしかったからです。


「もっと息子とお出かけしたかった~!」こんなに悔しいのはなんで?の画像2


子供自身はきっと大きくなる頃にはもう覚えていないのに、なぜ私はこんなにも悔しくて悲しいんだろう?と考え、「もっと、息子のびっくりしてる顔とか見たかったな~」と思いました。

そして、「あ、私が外出で楽しんでいる息子を見たかったんだ…」ということに気付きます。

外出は、気分も変わりますし、普段体験できないことも体験できます。

そんな特別なことをしている息子をもっと見たかった。

1歳や2歳でどんなことに驚いたり、笑ったりするのか見たかった。

それが悔しさ、悲しさの原因だったのだな…と「外出の制限」という形で知ることができました。



当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
にくQの画像
にくQ

立派な眉毛の息子のポンくんと息子にそっくりな旦那さんの3人で暮らすうさぎです。
同じ顔が二人居るのでオセロのように私も顔が同じになりそうです。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 「もっと息子とお出かけしたかった~!」こんなに悔しいのはなんで?