「私はこのまま仕事をしていていいんだろうか」と悩む私に息子が言ったことのタイトル画像
公開 2021年03月10日   更新 2022年03月02日

「私はこのまま仕事をしていていいんだろうか」と悩む私に息子が言ったこと

111,804 View

イヤイヤ期で保育園に行き渋りをしている息子に対して、「私はこのまま仕事をしていていいんだろうか」と悩む日々。休日、仕事のメールを確認している私を見た息子が寝る前にあることを言ってくれました。


>シリーズの最初から読む

こんにちは!にくQです。

今回は、『走馬燈に出てくるシーン』です。

自分が仕事をすることについて、悩んでいた日々に、
息子があることを言ってくれました。

「私はこのまま仕事をしていていいんだろうか」と悩む私に息子が言ったことの画像1

ドキッとしました。

まだ2歳だし、保育園に行ってる間に私が働いてるということは、
当然分からないだろうと思っていました。

当時、イヤイヤ期真っ最中で、泣きながらの登園。

「こんなに泣かせてまで、私は働いていいんだろうか」
という罪悪感を抱えていました。

「私はこのまま仕事をしていていいんだろうか」と悩む私に息子が言ったことの画像2

保育園から帰宅すると、定時が私より長い夫は、仕事をしています。

「ただいま」の挨拶と一緒に何気なく、
「お父さん、お仕事頑張ってね~だよ」と伝えていました。

このこともあり、息子は私が仕事をしていることを
理解していないと思っていました。

さらに私自身も「胸を張って仕事をしている!」と思えなくなっていました。

「私はこのまま仕事をしていていいんだろうか」と悩む私に息子が言ったことの画像3

息子に「お仕事お疲れ様」と言ってもらい、
「あ、そうだ。私仕事してるんだ…」
とスッと息子の言葉が入ってきました。

本人がどこまで理解して私に言ってくれたのかは定かではありません。

ただ、息子の何気ない一言で、
「ああ、私、仕事していてもいいんだ」と救われました。

もし走馬燈があるなら、その時に見たいと思えるシーンです。

※ この記事は2024年02月28日に再公開された記事です。

Share!

考えるウサギのタイトル画像
考えるウサギ #11
にくQのタイトル画像 にくQ