1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 節分が恐くてたまらない我が子。幼稚園にリアルな鬼が登場する日まで、あとわずか。

節分が恐くてたまらない我が子。幼稚園にリアルな鬼が登場する日まで、あとわずか。

節分が恐くてたまらない我が子。幼稚園にリアルな鬼が登場する日まで、あとわずか。のタイトル画像

1月が終われば2月がくるということで、2月がくるということはつまり、節分があるということで。

我が家の3歳が、どうにも節分を直視できないようで困っています。


いよいよ冬が深まってきてからこっち、3歳の末っ子が、ずっと気にしていることがある。


カレンダーはいよいよ1月も下旬、迎えるは2月。

そう、節分。あの、節分。

彼女の通う園で使う出席ノートは、見開きのカレンダー仕様になっており、年度初めに配られた時点ですでに、あらゆる行事のシールが貼られてある。

入園式だとか、お誕生日だとか、夏休みだとか、クリスマスだとか、もちろん節分だって。



寒さが深まった12月のある日だった。

あれはまだ冬休み。

自宅で末っ子がなにを思ったのか、出席ノートを出してきて、眺めて遊んでいた。

その時食卓では、夫が仕事を終えて、みんなより少し遅い夕食をとっていた。


「ねえ、パパ」

末っ子の表情が、どことなく硬い。

「この日って……鬼がくるの?」

仕事で疲れた夫は、騒がしい真ん中長男に返事をしながら、食事を口に運んでいるところで、末っ子の出席ノートを一瞥して、あろうことか、よく考えずにお返事をしてしまったんだった。

「うんうん、そうだね」

そう言って、夫はまたひと口、食事を口にした。

耳を疑った。

なんてことを宣告するんだろう、この四十路は。

瞬く間に、全身から絶望を噴き出させる末っ子。

黙々と食事を続ける夫。

なんだか賑やかな長男。

万事休す、とうなだれる私。

うつむく私に夫がどうしたのと訊ねるのだけど、もう手遅れだ。

隣では末っ子が「もう幼稚園にはいかない」と言って、この世の終わりみたいに泣いていた。



末っ子が、2歳児さんクラスのときのこと、やはり2月には恒例の豆まきがあって、どうやら彼女はその日の出来事が忘れられないらしい。

彼らの園の節分は、本気度が高いのだ。

鬼はバスの運転手さんたちが、演じてくださる。

普段は笑顔が素敵なやさしい方たちなのだけど、この日だけは違う。

緑または赤または青のタイツらしきもので全身を包み、肌色は一切隠しておられる。

顔はあれ、どうなっているんだろう、精巧なお面かなにかなんだろうか、顔面ももちろん緻密に鬼。

ぬかりない彼らは、上腕や胸のあたりも隆々と膨らませており、その姿はどう見ても人間とは思えず、やはり360度、全方位的に鬼なのだった。

中には「あれはバスの先生なんだよ」と吹聴する、利発なお子さんもいらっしゃるのだけど、実際に鬼を目の前にすると、いくらバスの先生だと言われたって、にわかには信じがたいと思う。

私だって、バスの先生の面影がどこにもない鬼を目の前にしたら、きっと信じられない。

しかもあろうことか、この鬼、中身は子どもたちのことが大好きなバスの先生だから、ついやりすぎてしまうところがあって厄介だ。

ちらっと姿を現して、園児に豆をまかれたら退散してくれればいいものを、適当に数人を捕まえたりもする。

去年は、末っ子も長男も鬼に捕まったらしく、後日注文した園生活の写真では各々、泣き叫んでいる表情がそこにあった。

楽しい園生活の写真を拝見する機会が設けられているけれど、こと節分に関しては、ほぼ全員が阿鼻叫喚の様相で、毎年それらを見ては何とも言えない気持ちになる。

行事って、ときに残酷でもある。

以来、末っ子は鬼と名のつくものすべてを怖がるようになり、鬼が写っている節分の写真を見ることはもちろん、どんな小さな鬼のイラストにも怖がるようになってしまった。

よくある「早く寝ないと鬼がくるよ!」なんて、とても言えない。



さて、1月も下旬に差し掛かった。

出席ノートはひとマス、またひとマスと埋まっていく。

もはや、彼女は2月を確認することすら恐ろしいらしく、毎日「ママ、シールのノート見て」と言いに来る。

つまり、今日という日が、節分ではないかを気にしているらしい。

朝起きてから登園まで「今日は鬼来ない?」と、何回聞かれるだろう。

毎日、毎日、「今日は来ないよ。まだ1月だよ」と安心させては送り出しているのだけれど、それも当然いつかは終わるのだ。

だって、節分はそこまで来ている。

私はどこかで、「今日は鬼がくるよ」と告知しなければならない。

この憂鬱どうしたらいいの。


末っ子には、「鬼が来る日になってもね、豆をまけばやっつけられるんだよ」と、努めて明るく言ってはみるのだけど、「その日は、ようちえんお休みするって言ってるでしょ!」の一点張りで参っている。



あまりに鬼の影響が大きいので、担任の先生にも末っ子が非常に不安な旨、お伝えはしてあるのだけれど、1年間のカリキュラムは決まっているし、節分に向けて例年通りやるべきことがすでに用意されている。

教室には少しずつ、鬼関連のお飾りが増え、制作の時間もやはり鬼絡み。

昨日は、柊とイワシのぬりえをしたと言っていた。

節分が静かに忍び寄っている。

ますます不安定な末っ子。


この件に関しては、今のところ答えが出ず、毎日両手をピースサインにして「2と!2に!なったら!鬼がくるの!!」と言って目に涙を浮かべる末っ子をひたすら慰めている(今年の節分が暦の都合で2月2日)。

鬼に豆を撒くといういうことの意義って、いったいなんなんだろう。

勇気が出るとか、弱い自分に勝つ、とか、そういうことなんだろうか。

毎日の押し問答に辟易している今日、心から節分を避けて通りたい。

私の中の寛容なお母さん部は、「いいじゃない1日くらいお休みさせたって、そんなにストレスなら行く必要ないわ」と言うのだけれど、私の中の世間体を気にするお母さん部が、「ズル休み癖をつけさせる甘やかし親だと思われたら、どうしよう」と狼狽する。

もういっそ、鬼がこわいお友達はお休みしてもいいですよ、って園からお便りが配られてほしい。

それなら、世間体を気にするお母さん部も安心できるので。

どうかひとつ。


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ハネ サエ.の画像
ハネ サエ.

成分のほとんどは3児のおかあさん。
おかあさん以外のときは取材をしたりエッセイを書いたりしています。

...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 節分が恐くてたまらない我が子。幼稚園にリアルな鬼が登場する日まで、あとわずか。