新型ウイルス流行で、じわじわと変わっていく生活。そこに感じる「しんどさ」の理由 #29のタイトル画像
公開 2020年12月18日  

新型ウイルス流行で、じわじわと変わっていく生活。そこに感じる「しんどさ」の理由 #29

152,743 View

これまでの何気ない日常の中に、突然入り込んできた未知のウイルス感染症。その影響が、じわじわと生活の中にも見え始めて……?とげとげ。さん作、連載『「小1の壁」のむこうに』第29話。


>【第一話】から読む
新型ウイルス流行で、じわじわと変わっていく生活。そこに感じる「しんどさ」の理由 #29の画像1

29話 変わりゆく日常

新型ウイルス流行で、じわじわと変わっていく生活。そこに感じる「しんどさ」の理由 #29の画像2
新型ウイルス流行で、じわじわと変わっていく生活。そこに感じる「しんどさ」の理由 #29の画像3
新型ウイルス流行で、じわじわと変わっていく生活。そこに感じる「しんどさ」の理由 #29の画像4
新型ウイルス流行で、じわじわと変わっていく生活。そこに感じる「しんどさ」の理由 #29の画像5
新型ウイルス流行で、じわじわと変わっていく生活。そこに感じる「しんどさ」の理由 #29の画像6
新型ウイルス流行で、じわじわと変わっていく生活。そこに感じる「しんどさ」の理由 #29の画像7


少しずつニュースで見聞きするようになり、気付いたらじわじわと生活にも影響しはじめていた新型ウイルス。

日に日に変わっていく状況の中でふと感じる“しんどさ”には、「これまでの“正解”が通用しない」という共通点があることに気付く。


お友達と家族ぐるみで会う時や、子どもが放課後に遊びに行く約束をしてきた時、どこまでは「OK」なのか。

公園遊びや少人数での集まりなど、それぞれの状況に応じて考えなければならないだけでなく、「OK」の考え方は家庭ごとによっても異なる。

その温度感を探りながらの調整は、これまでの「子ども同士の約束」よりはるかに多くのフォローが必要だ。


また、これまで「仕事」と「家事育児」という別々の要素をいかに両立させるかで試行錯誤してきたのが、両者が重なり合う「仕事と家事育児の同時運用」という状況に向き合わざるを得ない場面が出てきた。

今まで当たり前に通っていた学校が休みになる。

今まで当たり前に回していた仕事が回らなくなる。

バランスの取り方にも優先順位の考え方にも“正解”が見えない中、それぞれの手探りの生活が続くことになって……。


※本作はフィクションであり、実在の人物や現実の出来事には関係ございません。未知の新型ウイルス流行が小学1年生とそのご家庭に与える影響を描く目的で、冬頃に新型ウイルスの猛威が迫ってきた設定となっています。

次回は12月25日(金)7時更新予定。どうぞお楽しみに!

新型ウイルス流行で、じわじわと変わっていく生活。そこに感じる「しんどさ」の理由 #29の画像8


家庭によって、置かれている状況は様々だ。

それぞれの試行錯誤は続いて……

新型ウイルス流行で、じわじわと変わっていく生活。そこに感じる「しんどさ」の理由 #29の画像9
新型ウイルス流行で、じわじわと変わっていく生活。そこに感じる「しんどさ」の理由 #29の画像10
新型ウイルス流行で、じわじわと変わっていく生活。そこに感じる「しんどさ」の理由 #29の画像11
新型ウイルス流行で、じわじわと変わっていく生活。そこに感じる「しんどさ」の理由 #29の画像12

1話から読みたい人はこちらから!

※ この記事は2024年03月04日に再公開された記事です。

Share!

連載『「小1の壁」のむこうに』のタイトル画像
連載『「小1の壁」のむこうに』 #29
とげとげ。『「小1の壁」のむこうに』のタイトル画像 とげとげ。『「小1の壁」のむこうに』