1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 夫のゆるがない信念がもたらした、正しい反抗期<第5回投稿コンテスト NO.5>

夫のゆるがない信念がもたらした、正しい反抗期<第5回投稿コンテスト NO.5>

夫のゆるがない信念がもたらした、正しい反抗期<第5回投稿コンテスト NO.5>のタイトル画像

「愛情を以て接す」が信念の、ママンレーヌさんのご主人。娘が生まれてから、一度も変わらないその姿勢とは。


待望の第一子は女の子だった。

主人は

「女の子は無条件に可愛がって育てる。愛情を存分に受けた子は、愛される子になるのだ!」

と、誰かから聞きかじった中途半端な理論を、産まれる前から熱く語っていた。


うちの主人は、自分の主義を語るのが好きで、めんどくさくもあるのだが、押し付けることはないので、まぁ、しようがないと広い心で黙認していた。

私自身の育児信念としては、産前は

「甘やかさず甘えさせる」

と、第一子ならではの、意識高い系の目標をかかげていた。

だが、産後はあっさりと、「元気でいればバンバンザイ」と、ざっくり系に転換した。


結局、育児に必要なのは、信念より、辛抱。

小さい子は掟やぶりの無法者だ。

まだまだパターン化されてない行動は、その都度、こつこつと注意していくしかない。

と、いうことに気付いたら

「どうして、私の育児は理想通りにいかないのかしら?」

と、しょげることもなくなった。

親子がお互い楽になるなら、信念は、とりあえず、棚上げしておいて、必要なとき取り出して、ホコリを払って使えばいい。


夫のゆるがない信念がもたらした、正しい反抗期<第5回投稿コンテスト NO.5>の画像1
pixta_66892684_S


愛情に満ちた父親と、得意技は棚上げの母親は、グッドコップ&バッドコップコンビ。

娘がわるさを働くと、私が叱り、主人が慰めるという役割分担で育児をしてきた。

私は、「後で、お父さんがフォローしてくれるから」と、安心して叱ることができ、主人は思う存分娘を甘やかし、娘からの愛情を勝ち得ていた。


小さいくせに、なぜか女の子は結婚願望があるものだ。

父親の愛情を欲しいままにしていた娘は、「大きくなったらお父さんと結婚してあげる!」と、上の立場から主人に申し出た。

愛して結婚するより、愛されて結婚するほうがいいと察するとは、幼いながら、実に打算的な小悪魔娘だ。
(だが、そのあざとさも我が子だとかわいらしい。)

主人はすでに妻帯者でありながら、ニッコニコの満面の笑みで

「こいちゃん(娘の愛称)を必ず幸せにするよ!」

と、約束していた。

私が娘に「お母さんは、お父さんのお嫁さんさんなんだけど、どうしたらいい?」とたずねると

「お母さんは、ご飯係ね!」

と、とてもいい笑顔で任命された。


夫のゆるがない信念がもたらした、正しい反抗期<第5回投稿コンテスト NO.5>の画像2
pixta_30546156_S


時を経て、娘は成長して、反抗期に突入した。

惜しみない愛情を注いだ主人は、今、子育ての逆風にさらされている。

「お父さん、うっとうしい!」
「お父さんは、何にも分かっていないのに、口出さないでよ!」
「お父さんて、どうして人の話を理解できないの!?」

主人は、最愛の娘に悪しざまに言われても、へこんだりしない。

自分への甘えだと、分かっているから。


分別のある母親を気取りたい私は

「父親に対して、ああいう態度はよろしくない。ちゃんと叱るべきではないか。」

と、提言するのだが、主人は、一向に気にしていない。

「こい(娘)は、今、自分が反抗期なのを分かっていない。自分が全て正しく、周囲が間違っていると思い込んでいるだけだ。頭ごなしに否定しても、仕方ない。まず、今は受け入れる。ありのままの自分を受け入れてもらえたら、自分を振り返ることが、できるようになるから。」

「あら、カッコいい。なんかの映画のセリフ?」

淡々と言う主人を、ついヒヤかしたが、実は感心していた。

あんな暴言をさらりとかわせるなんて、私にはできない。


夫のゆるがない信念がもたらした、正しい反抗期<第5回投稿コンテスト NO.5>の画像3
pixta_25474074_S


「何を言っても、お父さんは自分の味方だ」と、娘は意識下で信じている。

主人への攻撃は、甘えなのだが、それを言うと、「そんなんじゃないから!」と激怒するだろうから決して口にしてはならない。

怒った娘は、私に瓜二つで、けっこうコワイ。

主人は言う。

愛情を注いだ娘は、愛されている自信があり、正しく反抗期を迎えていると。

なるほど、主人にたいするように、私には反抗してこない。

私の愛情は、スパイスたっぷりで、複雑なお味だったもんね。


主人は、どんなに言われても、娘の自分へ対する信頼を、微塵も疑わない。

「愛されてきた自信があるからこそ、親に反抗できるのだ」

なんという愉快な逆説だろう。

だが、それでなんとなく、子どもの反抗期をやり過ごせる気分になる。

「愛情を以て接すれば、必ず分かりあえる」

そんな古典的な言い伝えを、なぜ、うちの主人は妄信してるのだろう、とかつての私は、頭を45度に傾げていた。

だが、愛情で地盤改良されていれば、根底は揺るがないのだ。

そんな、小さな奇跡を目の当たりにできて、母は、幸せです。


(ライター:ママンレーヌ)


夫のゆるがない信念がもたらした、正しい反抗期<第5回投稿コンテスト NO.5>の画像4
pixta_70485912_S

コンテストのご応募は2021年1月3日まで!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
第5回記事投稿コンテスト『わが家の育児あるある』の画像
第5回記事投稿コンテスト『わが家の育児あるある』

応募期間2020年11月9日~2021年1月3日。入選発表は2月下旬を予定。
第5回コノビー投稿コンテスト、1次審査通過作品をお楽しみください。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 夫のゆるがない信念がもたらした、正しい反抗期<第5回投稿コンテスト NO.5>