1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. よその子が池に落ちた!?不愛想な夫が見せたベストな対応<第四回投稿コンテストNO.1>

よその子が池に落ちた!?不愛想な夫が見せたベストな対応<第四回投稿コンテストNO.1>

よその子が池に落ちた!?不愛想な夫が見せたベストな対応<第四回投稿コンテストNO.1>のタイトル画像

家族以外の他人には愛想を振りまかない、合理的な夫。とっさの時に獅子えもんさんが目撃した、「軸がぶれない夫の行動」は、今でも忘れられないエピソードになっているそうです。


パートナーのベストプレー…

「なんだと!?今でも許せない夫の言動」とかなら100個くらい思いつくんだけどなあ…とは言え、あります。

探せばあります!


あれはまだ息子が2歳だったころ。

その日、私たちは家族旅行に出かけて大きな自然公園に来ていた。

池の鯉のエサやりスポット、大型遊具やゴーカートがあったりして、家族連れでそこそこ賑わっていた。

なぜか公園の入り口に観葉植物屋があって、「明らかな観光地で誰が買うのだろう…」と思っていると、夫が「好きなのあったら買っていいよ」と。

いやいや、旅行先で観葉植物買う、って何よ。

「これとか?」って1.5メートルくらいあるじゃない。

要らないです。


普段「合理的であること」をこよなく愛するのに、突拍子もないことを言い出す男、我が夫。

家族や数少ない友人など心を許した人にはニコニコするが、それ以外の人には必要最低限のやりとりしかしない、それが我が夫なのだ。

他人に興味を示さない夫を、私は「コミュ障だよね~」と折に触れて笑った。

夫はそれを甘んじて受け入れ、「へへ…」とニヤニヤする。


よその子が池に落ちた!?不愛想な夫が見せたベストな対応<第四回投稿コンテストNO.1>の画像1
pixta_57645981_S


話は旅行に戻る。

一通り公園で遊び、帰り際に息子が「もういっかい さかなに ごはんあげる~」と言うので、夫は嬉々としてエサを買いに行った。


鯉の泳ぐ池はなかなかの広さで、1周歩くと大人の足でも5分くらいはかかる大きな池だった。

それでも鯉たちは人間が来るとエサがもらえるからか、池の淵にわらわらと集まっていた。


エサやりのためか池に柵はなく、私はまだまだ頭の重い息子の体をしっかりと支え、「あんまり鯉に近づかないでぇ…」とお願いしていた。

全然聞いてないけど。


そして私はこの時、気になっていることがあった。

隣の幼稚園~小3くらいの5、6人の子どもグループ。

鯉の口に触ろうと、小突き合いながら必死に池に手を伸ばしている。

「あぶないよね」と夫がポツリと言い、私は彼らの保護者の顔色をうかがおうと辺りを見回すと、どうやら20メートルくらい後ろのカフェのテラススペースで談笑しているのが親御さん達なようだ。

幼稚園児くらいの子が、池と親の間を行ったり来たりしている。

複数の家族で来ている模様。


せっかくの旅行。

親たちだって楽しみたい。

分かる。分かるけども。


よその子が池に落ちた!?不愛想な夫が見せたベストな対応<第四回投稿コンテストNO.1>の画像2
pixta_34409589_S


「エサ終わったし帰ろうか」 「うん」


その時だった。


「ボチャン!!」


落ちた。

一番大きい小3くらいの子が、頭から落ちた。

私はカフェに向かって「子ども落ちましたよ!!」と叫んだ。

親たちはギョッとして、私は息子も落ちてはかなわん、と池から離れた。



振り返ると、幸い池の深さは1メートル強だったらしく、男の子は池の中で顔面蒼白で立っていた。

顔は水面にしっかり出ているが、水に浸かって今にも泣き出しそうな顔をしている。

親たちがすごい形相で駆け寄ってきている。

と思ったら、夫が両足どっぷり池に浸かって、長くはない足を精一杯伸ばし、子どもに「つかまって」と言っている。

足にしがみつく子どもをぐっと引き寄せて、陸に上げた。


夫は親たちの方を振り返り、「自分の子どもは自分で見てなきゃダメでしょうが!!」とだけ言った。


走ってきた大人たちは、ただ呆然とするばかりだった。

何か言いたかったのかもしれないが、何も言わなかった。


「…うわぁーん!!」

普段温厚な夫が大声を出したので、うちの息子だけが泣いてしまった。

下半身ビショビショの夫は、息子を抱き上げると「よし、家に帰ろう」と言った。


よその子が池に落ちた!?不愛想な夫が見せたベストな対応<第四回投稿コンテストNO.1>の画像3
pixta_55298909_S


すごい。

この人は、すごいな。と思った。

私だったらすぐ親たちが来る状況なら池にも入らないし、助けた後も(私がいつも夫を責める時みたいに)クドクドと相手の親に言ってしまったと思う。

夫はその場にいる大人として、彼の思うベストな行動を淡々とこなしたのだ。


車に向かって歩きながら「よく池に入ったね」と言ったら、「だってかわいそうじゃん」と。


ほんとだね。

その通りだよ。


よその子が池に落ちた!?不愛想な夫が見せたベストな対応<第四回投稿コンテストNO.1>の画像4
pixta_40032347_S


他人に愛嬌を振りまかない夫を私は、どこか尊敬している。

私はむやみやたらに誰にでもニコニコしてしまう。

一瞬でも他人によく思われたいのだ。

夫はそれをしない。

彼は自分の中にブレない軸を持っている。


車に着いて「着替えたら?」と言うと、まさかの「1泊だからズボンの替えは持って来てない」。

出たよ、合理主義。


ビショビショの下半身で運転し、「濡れてるズボンってさ、エアコンの風が当たると寒いんだね。知らなかった」と、夫。

え…そういえばこの前も、食卓テーブルの上で味噌汁椀が勝手に動いた!なんで?見た!?って大騒ぎしてたね。

夫の「人間」としての成長のデコボコ具合を目の当たりにし、じわじわと笑いが込み上げてくる。


「親の背をみて 子は育つ」

息子よ、君がお父さんみたいな男に成長してくれたら、母は、ちょっと嬉しい。


(ライター:獅子えもん)


コンテストご応募は2020年5月31日まで!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
 第四回 記事投稿コンテスト『パートナーのナイス育児』の画像
第四回 記事投稿コンテスト『パートナーのナイス育児』

応募期間2020年4月16日~5月31日。入選発表は6月下旬を予定。
第4回コノビー投稿コンテスト、1次審査通過作品をお楽しみください。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. よその子が池に落ちた!?不愛想な夫が見せたベストな対応<第四回投稿コンテストNO.1>