「ごっこ遊び」とは、おうちごっこでパパやママになりきる、お店やさんごっこで店員さんになりきる、というように何かになりきって遊ぶことです。

遊びの中で、「いってきます」「いってらっしゃい」、「ご飯はまだ?」「もうすぐできるよ」など友だちや大人とのやりとりを楽しめるようになります。

日々のパパやママの様子を観察し、料理や洗濯、掃除、仕事などを真似てみたり、スーパーのレジにいる店員さんの真似をしてみたりと、子ども自身が日常生活の中で体験してきたことを遊びに取り入れていきます。

また、テレビなどで見ている憧れのヒーローやお姫様などになりきって楽しむ姿も見られます。

子どもが自分のイメージを表現しながらなりきって遊ぶ姿はとても可愛いものです。

どのようなものに興味を持っているのか感じ取りながら、遊びを見守っていきましょう。