1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 休校になった時に、ふと考えた。家の中だけは、平和でいたい。心の平穏を得る方法とは?

休校になった時に、ふと考えた。家の中だけは、平和でいたい。心の平穏を得る方法とは?

休校になった時に、ふと考えた。家の中だけは、平和でいたい。心の平穏を得る方法とは?のタイトル画像

毎日なんだかざわざわと、落ち着かないけれど、なるべくならご機嫌でいたいもんね、と思うこの頃のこと。


長女が大量の宿題をたずさえて、休校に入って三週間、ようやく宿題の目処がつきそうなところに、幼稚園児ふたり(5歳と3歳)の春休みがスタートした。


長女との休校期間はわりと楽しくて、おだやかな時間だったのだけど、なんといっても宿題。宿題が難儀だった。

三学期で終わらせるはずだった未完の課題が、すべて自宅学習に持ち込まれたわけだから、もうほとんどおぞましいと言っていい量だった。

プリントがぎょっとする厚みを持ち、ドリル関連に関しては、「残りぜんぶ」という塩梅。絵具と粘土を使った図工の課題もあった。

それらを親子で全うすることが、肩で息をするような大変さだった。疲れた。


ヘトヘトになったところに、生命力の塊みたいな5歳と2歳が合流するんだから、並大抵の気合じゃない。

お母さんはもうずいぶんと疲れているんだよ。


毎日元気に喧嘩もするし、元気にお腹も減る。

元気に牛乳をこぼすし、元気にお庭に大量の水を撒く。

エネルギーがこちらとしては底辺だから、白目を剥きそうになるのだけど、そんなとき、私の秘儀があるのでお知らせしたい。



私が出会った、「大海原くらいに心が広い母」を心の中に飼うのだ。

まず1人目。

高校生のときに、ホームステイをしたお宅のホストマザー。


彼女には6人のお子さんがいて、当時、上から、小6、小5、小4、小2、5歳、6ヶ月、という布陣だった。

0歳児がいて、ホストになる心の広さ、間違いなく大海原。

しかも、聞いて。さらに驚いたことに彼女の夫は日本に単身赴任中だった。

つまり、いわゆるワンオペで6人の子どもを育てていたということ。想像だけで4キロくらい痩せそう。


なんだけど、彼女はなんて言うか、いたって普通で、ずっとご機嫌で、ずっと元気だった。

今、三人の母親になって、「あ、これやべえな」と思ったときは、彼女の様子を思い出すことにしている。

まず彼女は、離乳食なんてものを完全に葬り去っていた。

そのときあるものを、赤ちゃんが嚥下できるように処理する、それが彼女の離乳食だった。

それはパンだったり、うどんだったり、そして、またあるときはファストフードのポテトでもあった。

カロリーがあって、ごっくんできる is OK、そんな感じ。


自炊は一日一食で、他はデリバリーだったり外食だったり。

その代わり、その一食(彼女の場合は朝食だった)は、あらんかぎりのエネルギーで作ったのかと思うような、彩り豊かなものだった。

その一食に、母の愛がみちみちに詰まっていた。

そして、昼間も夜も子どもたちと存分に遊んでいた。彼女も子ども達も、毎日ずっと楽しそうだった。


自分がご機嫌でいられる配分で、家事にリソースを割く。

彼女を自分の中に飼って、そんな姿勢をインストールするのだ。

そうすると、つまらない罪悪感に苛まれずに、お惣菜コーナーでたこ焼きとか唐揚げを買えるし、冷蔵庫にチンするだけの肉まんとか、冷凍庫に冷凍コロッケを忍ばせる強さも、芽生えてくる。

賢いお母さんたちはとっくのとうに、そのような暮らしをしていると思うのだけど、根が臆病なものだからつい、「すべき」に引っ張られてしまうのだ。

手作りすべき、薄味にすべき、節約するべき。お食事における、厄介な3大すべきが脳内をかすめがち。


この有事だから、積極的にあのご機嫌な彼女を召喚して、健やかな精神をキープできる家事配分を心がけている。



そして、ふたり目。

夫の母。つまり義母だ。

義母のおおらかさが、並大抵ではないの。


子どもが何かしらの液体をこぼしたって、笑顔。

子どもが何かしらの割物を割ったとしても、笑顔。

子どもが何かしらの食べ物で、彼女の服を汚しても、一瞬だって曇ることなくやっぱり、笑顔。


例えば、子どもが牛乳をこぼしたとして、「はいはーい」と、すかさずキッチンペーパーやら雑巾を、取り出すだけだ。もちろん笑顔で。

割れ物に関しては、「割れるものは、割ってみないとわからないからねぇ。ははは」と割ることにさえ、肯定的。

いや、うちの息子、もう義実家で、何個お湯呑みを割ったか、計り知れないのだけど。いつでも、失敗を認めていく姿勢。

義母の(高そうな)服に、子どもがトマトソースをべっとりつけたときも、「洗えばいいよ~」とカラカラ笑っていた。


義実家に遊びにいくたびに、義母が全方位的にしなやかすぎて、私ったら普段、なににそんなにかりかりしているのかしら…、と目が点になる。

いつもいつでも、義母のエッセンスを心に封じ込めて、おだやかなお母さんでいられたらよいのだけど、どうしてなかなか人間てのは、弱くて、そうもいかない。

また牛乳こぼしてる!に始まって、つまらないことで、すぐにキーキー言ってしまう。


とは言え。やっぱり今は有事だから、行動もいくらか制限されているし、お互い許し合っていないと息が詰まってしまう。

義母を心に飼って、穏やかさを、日に二度三度、注ぎ足しているこの頃。

目を離したすきに、寝室がおもちゃまみれになってたって、「上手に散らかしたねぇ。ははは」と言ってやるんだ。



事態が収束するまで、あとどれくらいかかるのだろう。新学期はどうなるんだろう。色んなことが不明瞭で、先のことを考え出したらキリがないし、どうかすれば悲観的にさえなりそうだ。

情報は錯綜するし、ニュースをつけても、気が重くなることばかり聞こえてくる。

そんな時でも、子どもたちが元気なことには変わりがないし、私が母親であることだって変わりないし、「困りましたねぇ」と、ただ言っているわけにもいかない。

いつも通りごはんを食べて、いつも通り寝て、少し窮屈に、いつも通り暮らすだけだ。

でも、こんなときにいつも通りを貫くのって、ちっとも全然楽じゃない。

楽じゃないから、少しでも自分が楽になる方法を用意して、自衛するのも大事な気がしている。


ご機嫌ファーストでタスクを処理して、お互い許し合って、せめて家の中は安寧でいたいな、と思う春休みの入り口。


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ハネ サエ.の画像
ハネ サエ.

成分のほとんどは3児のおかあさん。
おかあさん以外のときは取材をしたりエッセイを書いたりしています。

...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 休校になった時に、ふと考えた。家の中だけは、平和でいたい。心の平穏を得る方法とは?