1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3-6歳児
  6. >
  7. 「僕の赤ちゃんの頃は?」と何度も聞く息子。心配になるも、理由探しは止めようと思ったワケ

「僕の赤ちゃんの頃は?」と何度も聞く息子。心配になるも、理由探しは止めようと思ったワケ

「僕の赤ちゃんの頃は?」と何度も聞く息子。心配になるも、理由探しは止めようと思ったワケのタイトル画像

5才くらいからでしょうか。息子が、事あるごとに「赤ちゃんの頃どんなだった?」と聞くようになりました。あまりに何度も何度も聞かれるので、正直「また?」と思ってしまうこともあるのですが、同じ話でも息子はとても嬉しそう。同じことをなんでこんなに聞きたがるんだろう?私なりに考えてみた話。

きっかけは保育園のアルバム


最初に言い出したのがいつだったか、時期はちょっと曖昧。

でも、「赤ちゃんの頃のお話して」と息子が言うようになったきっかけは、保育園のアルバムだったような気がします。

私は出産後、早々に仕事復帰。

息子は0才から保育園に通い始め、5才の時には、すでに保育園のアルバムが何冊もありました。

「これぼく?」
「そうだよ~。まだ赤ちゃんで、ゲートの中に入ってるね」

そんなひと時が大好きだった息子。

だんだん、アルバムを見ている時以外でも、「赤ちゃんの時どんなだった?」「1才の時は?」「2才は?」と、私を質問攻めするようになりました。


「僕の赤ちゃんの頃は?」と何度も聞く息子。心配になるも、理由探しは止めようと思ったワケの画像1
pixta_36932902_S

何度も何度も聞きたがる息子


私も、息子の赤ちゃん時代を懐かしみながら、

「赤ちゃんの時は、ふにゃふにゃでねぇ」
「1才になったら、よちよち歩き始めて、ころりんって転んでたよ」
「2才の時はトイレを頑張ったね」

などと話していたのですが…。

まあ、飽きもせず、何度も何度も何度も!同じことを聞く息子。

お風呂に入っている時、保育園に向かう道中など、一時期は毎日のように質問攻め。

しかも、「どんなだった?」というざっくりとした内容。

私もだんだんネタが尽き、3才以降になると、「あれ…?今の話は4才になってからだっけ?」となってしまったり…。

急いでいる時などはつい片手間になり、昨日とまったく同じことを話している、ということもありました。

「赤ちゃんの時は、毎日抱っこ抱っこでねぇ…」

もはや何回目?という話も多いのですが、それでも息子は、毎回うれしそうにニコニコしていました。


くりかえし質問する理由を探すも…


息子が喜んでくれるのはいいのですが、あまりにも頻回なので、不思議だなぁと思った私。

「年長さんになって小さい子のお世話をしているから、自分の小さい時にも興味が出たのかな?」

「過去とか未来とか、時間の流れを理解するようになったのかな?」

色々と仮説を立ててみました。

中でも一番心配したのは、「愛情不足なのかも!?」ということ。

気になってネット検索をしてみました。

でも、『子どもが、くりかえし赤ちゃん時代の話を聞きたがる』なんていうピンポイントな話は検索が難しく、同じような体験談も、専門家のアドバイスも見つかりませんでした。


「僕の赤ちゃんの頃は?」と何度も聞く息子。心配になるも、理由探しは止めようと思ったワケの画像2
pixta_59022433_S

似た話題をヒントにしてみた


ピンポイントで同じ話は出てこなかったものの、似たようなトピックで、なるほどな~と思う情報がいくつか見つかりました。

まず、『ダメよと言っても、〇〇していいかと何度も質問する』行動。

調べてみると、子どもは何度も言われて初めて理解する特徴があるそうです。

耳にはしたことはあり、分かっているつもりでしたが、改めて思い出しました。


次に、『何度同じ答えであっても、同じ質問をする』行動。

子どもは同じ返事が得られることで、安心するようなのです。

目からうろこでしたが、そういえば、お気に入りの絵本は何度も読みますし、同じ遊びを繰り返したりしますよね。


最後に、『なんで?なんで?攻撃』の理由。

これは、単純にママとおしゃべりがしたいという気持ちも大きいそうです。

そういえば親子の会話って、「親が子どもに言って聞かせる」「子どもの話を聞いてあげる」という一方通行になりがちだなと気づきました。

赤ちゃん頃の話というのは、子どもからも質問がしやすく、対等に楽しくおしゃべりできる貴重な話題なのかもしれません。


「僕の赤ちゃんの頃は?」と何度も聞く息子。心配になるも、理由探しは止めようと思ったワケの画像3
pixta_49113811_S

たどり着いたシンプルな結論


結局、息子がどうして赤ちゃん時代の話を聞きたがるのか、ハッキリとしたことは分かりません…。

私の結論は、「聞きたがるんだから、話してあげればいいんだ」で落ち着きました。

同じ話でも、大したことない内容でも、「赤ちゃんの時はこんなに可愛かった」「今ももちろん大好き」を、何度でも伝えてあげたい。

今はそう思っています。

とは言え、大人のほうが飽きてしまうことはありますが(笑)

そんな時はアルバムを開いて、私自身も懐かしい話を楽しめたらいいなと思います。


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ぺい子の画像
ぺい子

こんにちは!
九州在住、6才息子(2013年生まれ)の息子を育てる母です。
がっつり仕事しながらで忙しい毎日ですが、毎日息子に癒されています♪...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3-6歳児
  6. >
  7. 「僕の赤ちゃんの頃は?」と何度も聞く息子。心配になるも、理由探しは止めようと思ったワケ