1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3-6歳児
  6. >
  7. 使わなすぎるのも逆に心配…?アナログ派ママと子の、スマホデビュー体験記

使わなすぎるのも逆に心配…?アナログ派ママと子の、スマホデビュー体験記

使わなすぎるのも逆に心配…?アナログ派ママと子の、スマホデビュー体験記のタイトル画像

しばしば問題になる、子どもとスマホの問題。意外と使わずに済んでしまった我が家では、5才になるまでほとんど使わせていませんでした。ちょっと遅めのスマホデビュー、果たしてその結果は?

自然とスマホを避けていた赤ちゃん時代


私は基本的にアナログ人間で、ガラケーからスマホに替えたのもかなり遅め。

自宅には今も、DVDプレーヤーすらありませんが、特に不便を感じていません。

嫌いなわけではないのですが、「導入が面倒だしお金かかるし、すぐに新しいのが出ちゃって買うタイミングが分からないから、別にいいや」という感じです。

育児においても、自然と、「スマホ等のデジタルは、使わなくて済む間は使わない」が基本方針に。

息子が生まれた2013年は、ちょうど「スマホに子守りをさせないで!」というポスターが話題になったころでもありました。

育児に不安しかない0才児のタイミング、かかりつけの小児科に行くたび、このポスターが目に入る…。

「私のようなダメな母は、一度楽を覚えたら際限なく見せてしまうのでは…!?」という恐怖もあって、使わないようになったのです。


意外と使わずに済んで解禁時期を見失う


さすがに、旅行の長距離移動中など、本当にどうしようもなくなった時に15分ほど動画を見せたことはありました。

が、それも、イヤイヤ期が少し落ち着いた3才半頃からは絵本で事足りるようになり、いつの間にやらスマホは不要に。

絶対ダメとまでは思っていなかったのに、意外と使わずに済んでしまいました。

一方、周囲を見渡せば、ちょっとした空き時間に、ママにスマホを渡されて上手に触っている子どもたち。

義実家に行くと、一つ年上のいとこのお兄ちゃんが、最新ゲームをしている…。

うーーーん…。

「ハマりすぎても嫌だけど、やたらと禁止して、いつかその反動が来るのも怖いなぁ」

しかし、そもそも自分がスマホを活用していないので、解禁するにしても何をしよう?という状況。

息子からも特に要求されなかったため、そのまま月日が流れていきました。


使わなすぎるのも逆に心配…?アナログ派ママと子の、スマホデビュー体験記の画像1
pixta_56892391_M

幼児向け学習アプリで便利さに開眼


そんなこんなで、息子が5才年長になったころです。

使用している幼児向け通信教材で、ゲームをしながら数や時計の勉強ができるアプリが登場しました。

息子も、「これやる!やりたい!」と主張します。

「ついにこの時が来たか…まあ、時間を決めて少しだけなら…」と思って使ってみたのですが。

目からうろこ!

特に時計の勉強のアプリは、針の動きがとっても分かりやすいのです!!

今まで、絵本を読み聞かせたり、目覚まし時計の針を動かしながら説明したりしていましたが、これは便利!

やりすぎが心配ではありましたが、幼児向けに作られているので、1ステージがそこまで長くない。

「次で終わりね」から、もう1回!とゴネることはありますが、今のところ、何十分もやり続けるという恐れはなさそうでした。


使わなすぎるのも逆に心配…?アナログ派ママと子の、スマホデビュー体験記の画像2
pixta_28127731_M

親子一緒に、少しずつ使ってみよう


その後、私のスマホへの抵抗感も少し薄れ、ちょっとずつ一緒に使い始めました。

発表会の歌の練習に、曲を探して流してみたり。


息子の「なんで?」攻撃に、時間があればちょっと検索してみたり。

最近写真を撮らせてくれない息子に、「写真を撮ったら、じぃじ・ばぁばにも見せようよ」と話し、アルバムを作成しているところを見せたりもしています。

まだ、息子に操作させる時も常に横で見ているような段階ですが、今更ながら、スマホの便利さを親子で享受しています。

現在、6才になったばかり。来年は小学校に上がって、周囲はますます、スマホなどを触る子が増えるでしょう。

便利なものに頼りきりは良くないかもしれないけど、ある程度時代に合わせた子育てをすることも必要かも…?

まずは、信頼できるもので時間を決めて、もう少し使わせてみてもいいかなと思っています。


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ぺい子の画像
ぺい子

こんにちは!
九州在住、6才息子(2013年生まれ)の息子を育てる母です。
がっつり仕事しながらで忙しい毎日ですが、毎日息子に癒されています♪...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3-6歳児
  6. >
  7. 使わなすぎるのも逆に心配…?アナログ派ママと子の、スマホデビュー体験記