1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 2歳児
  6. >
  7. イヤイヤ期対応はまるで脳トレ!?ポジティブな言い換えが、効果抜群だった話

イヤイヤ期対応はまるで脳トレ!?ポジティブな言い換えが、効果抜群だった話

イヤイヤ期対応はまるで脳トレ!?ポジティブな言い換えが、効果抜群だった話のタイトル画像

娘が2・3歳児の頃、まさにイヤイヤ全盛期!本当は怒りたくないのに…と反省する日々でした。そこで考えたのは、楽しく娘の言葉を言い換えてみること。そこで効果抜群だった言い換えをご紹介します!

娘のイヤイヤに毎日ヘトヘトの私。対応の仕方を変えてみたら…


娘が2歳の頃、毎日毎日「ヤダ!」「イヤ!」ばかり。

私も夕方にはヘトヘトに疲れ、夕飯前は私も娘も疲れ切ってしまう日々でした。


その頃ネットでいろいろ育児情報を読んで、「楽しく言い換える方法」を知り、さっそく実践してみることに。



イヤイヤを言われるたびに頭をフル回転して、娘の言葉を言い換え、まるで脳トレのよう。


でも、たったそれだけで子どもの大泣きを防げることが多くなり、私も楽しく対応ができました。

そんな私が実践した言い換えをご紹介します。


イヤイヤ期対応はまるで脳トレ!?ポジティブな言い換えが、効果抜群だった話の画像1
pixta_27900153_M

お風呂に入りたくない → ペットボトル君と一緒に入ろう


イヤイヤの定番、「お風呂入りたくない!」。

毎日、お風呂に入るまでがとにかく大変でした。


そこで用意したのがペットボトルとマジック。

お風呂の前に、ペットボトルに自由にマジックで顔を書いてもらいます。


そして、「今日はこのペットボトル君と一緒にお風呂にはいろうか」と。

すると、お風呂の時間になると、とても楽しそうに入ってくれるように!

ペットボトルで水遊びもできるし、使い方は自由自在。

ペットボトル君にはとても助けられました。


トイレにいきたくない → トイレさんがお腹すいたって


絶対トイレに行きたい頃なのに、嫌がることもありますよね。

そんな時には、トイレを擬人化して主語を変えてみることに。

トイレさんと名付けて、「うんちやおしっこを食べてるんだよ」と伝えました。


そしてトイレをイヤがった時、「トイレさんがお腹すいたって言ってる!早く行ってあげて~!」と焦ったように言います。

すると、子どもも焦ったようにトイレまでダッシュ!


トイレが終わった後には、トイレさんになりきって、「あ~おなかいっぱい!ありがとう」と感謝の気持ちを伝えていました。


イヤイヤ期対応はまるで脳トレ!?ポジティブな言い換えが、効果抜群だった話の画像2
pixta_59977970_M

服を着たくない → この穴に向かっておいで~


朝、パジャマを着替えたくないというのも我が家では毎日の話。

その時は今日着る服の首の穴から私の顔を出し、「ここの穴においで~!ギューしよ~!」と伝えます。


すると、すごい勢いで走ってきてくれます。

近づいてきてくれたらこっちの勝ち。

さっと首を通して、そしてギューっと。


ついでにズボンもパっと履き替えさせて、「これでお出かけできるね!」とお互いにっこり。

ギューは私も癒されて一石二鳥でした。


手を繋ぎたくない! → ママ怖いから、連れて行って~


階段や横断歩道など、手を繋いでおかないと危ない場面もよくあります。

とっさに危険な時にはもちろん注意して手をつなぎますが、少し余裕のある時には「ママ、ここ車多いから怖いよ。連れていって~」とブリッ子に変身。

俄然やる気を出して、「わかった!手つないであげる!」と手を繋ぎにきてくれました。

もちろんその時は「わあ!ありがとう!手を繋いでくれてると怖くない!」と感謝の気持ちもセットで。


野菜を食べたくない → 先にお腹にいる食べ物が、寂しがってるよ~


好き嫌いが多い娘。

そんな時は食べ物を主語にして、「先に食べた食べ物がお腹で寂しがってるよ~」と。

そして一口食べたら、「わあ!ブロッコリーさんがきてくれた!」とお腹の食べ物になりきって演技。

ご飯を食べる度に
「今度はトマトさんも!」
「わ!お味噌汁のシャワーだぁ~!」
ととにかく演技。

親が食べるのが遅くなってしまいますが、とっても楽しんで食べてくれました。


イヤイヤ期対応はまるで脳トレ!?ポジティブな言い換えが、効果抜群だった話の画像3
pixta_35333988_M

自分の頭がガチガチだったと気づいた


こんな風にちょっと工夫をすることで、子どもは笑って行動に移してくれることが多かったです。

イヤイヤ期に疲弊していた当初は「ちゃんとしなきゃ」「野菜は全部食べさせなきゃ」「人の迷惑にならないようにしなきゃ」と常に頭でっかちで、がちがちだったからかもしれません。

自己主張が出てきても、娘が楽しめるように言い換えればよいのだと気づいてからは、「次はどうやって返そうかなぁ」と脳トレのように楽しみながら対応することで、お互い笑顔で過ごすことが増えました。


時には子どものしたいことを優先させてみると、気が楽になった


また、子育てを通じて実感したのが、少しくらいなら目をつむろうということ。

左右が違う靴下を履いても。
晴れの日に長靴と傘で出かけても。
芝生を靴下で走り回っても。
噴水でびしょぬれになっても。

その後の人生に影響があるわけではありません。

どろだらけになった子どもと一緒に笑い合うと、なんだか私も楽しい気持ちになることも。


自由な発想は小さい時だからこそできるもの。

この時期を楽しもうと思って接することで、気が楽になったような気がします。


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ふくふくの画像
ふくふく

小学1年生の娘と、3歳の息子、夫との4人暮らしです。日常の小さな喜びを大切に、日々過ごしています(^^)
...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 2歳児
  6. >
  7. イヤイヤ期対応はまるで脳トレ!?ポジティブな言い換えが、効果抜群だった話