1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. はじめての運動会でビリ。その姿で「いい母親」に近づけた気がする

はじめての運動会でビリ。その姿で「いい母親」に近づけた気がする

はじめての運動会でビリ。その姿で「いい母親」に近づけた気がするのタイトル画像

期待をふくらませていた初めての運動会。けれど、かけっこで、緊張のあまり息子はビリに。親戚に「かけっこ」の結果で比べられたとき、わたしは動揺を隠しきれませんでした…。

初の運動会に感動しつつも、生まれた「ある気持ち」


我が家は夫婦と2歳息子と1歳娘の4人家族。

共働きのため、子どもたちは保育園に通っています。

今年は初めての運動会。



ダンスや競技にと、まだ小さい2人が頑張る姿を見てたくさん感動した1日でした。



ただ、2歳息子が「かけっこ」に出た時。

雰囲気に飲まれ、スタート時に泣いてしまった息子。

そのせいで走るのが大幅に遅れ、ビリでゴールすることに。


その結果を見て「よく最後まで頑張った!」と思いながらも、同時に浮かんだある気持ちに自分でも驚きました。


「ああ、また、比べられるのか…」



はじめての運動会でビリ。その姿で「いい母親」に近づけた気がするの画像1
pixta_44772708_M

いつも比較される息子


息子には1歳上の3歳の従兄弟がいます。

その子は運動神経がとても良く、2歳の時にはすでにサッカーのドリブルや、大人とのキャッチボールをしていました。


会話もしっかり成立していて、どうやら発達が同世代の他の子よりも早いようです。

その甥っ子と1歳差で年が近い我が息子は、親戚たちからいつも比較されます。

子どもが2人いれば成長を比べたくなる気持ちもわかるし、悪気は無いのだと思います。



ですが、比較されることで「できない」ことを指摘されたような気持ちになることも、しばしば。


気になりはしますが、成長は子どもそれぞれだということも分かっているつもり。

なので、なるべく気にしないように努めていました。


かけっこの結果を比較されたときに浮かんだ気持ち


子どもたちの運動会が終わった次の週、親戚の集まりがあり、自然と話題は運動会に。

運動神経のいい甥っ子は、かけっこでダントツ1位。

「負けないようにがんばったんだよ!」と笑顔で話していました。


一方、ビリだった我が家の息子。

それを知った親戚の一人が、「1位とビリかぁ。そりゃ、残念だったわね。」と一言。



もしかすると、息子と私の気持ちを推しはかっての、励ましの言葉だったのかもしれません。



でも、私の頭の中では、息子の結果が否定されたような気がしてしまいました。

そして、「残念だったわね」という言葉が、頭からこびりついて離れませんでした。

私は笑顔でやりすごしながら、「ああ、やっぱり知られたくなかったなぁ」と思いました。


そして、同時に「息子が、もっと運動ができれば、こんなこと言われないのに」と思ってしまったのです。



はじめての運動会でビリ。その姿で「いい母親」に近づけた気がするの画像2
pixta_22225223_M

堂々とできない自分に失望

不安や緊張で涙が出ているのに一生懸命かけっこを頑張った息子。

最初こそ泣いてはいましたが、かけっこを終えた後は、ほっとしたのか満面の笑み。

その姿には母親として胸を打たれるものがありました。

なのに、それについて親戚に比較された時「もっと息子が運動ができれば何も言われずに済むのに」と思ってしまった私。


一番大切にしたい子どもの成長よりも、他人の目が気になった自分に強い罪悪感を覚えました。

私の理想とするような母親なら、「そんなこと気にしない!うちはうち!」とおおらかに笑い飛ばすべきなのに、と。


ビリでもなんでも、精一杯頑張った息子を、何を言われても肯定できる母でいたかった。

親戚の言葉に動揺なんてしたくなかった。


そうできない自分に失望し落ち込みました。



息子の姿が気付かせてくれた2つのこと


そして気持ちが落ち着いてきて、自分の感情と向き合って2つのことがわかりました。


1つは、自分が”周りの目を気にしすぎている”ということです。

周りの何気ないひと言に委縮し、順位を気にして、たとえ心の中のだけでも、息子を責めてしまったこと。

いいも悪いも他人が決めるものではなく、自分が決めることです。

子ども自身が、納得していればそれでいい。


子どもが年齢を重ねるにつれ、比べられるシーンはこれから増えていくかもしれません。

でも、これからは、子ども自身の成長や努力を大切にしていきたいと思いました。



そして、もう一つ気付いたのは”理想の母親像に囚われすぎていた”こと。

親戚の集まりで比較されるのがイヤでも、気にせず、笑顔でいなければならない。

そんな風に、「○○しなければならない」で自分を縛っていた私。



でも、大切にしたいものが脅かされるなら、そこにこだわる必要はありません。

動揺してもいい。



何より大事なことは、子供なりの努力をみとめて、成長をまっすぐ喜べること。

理想の母親像に拘ることで、自分を苦しくしていたと気付いたのです。




はじめての運動会でビリ。その姿で「いい母親」に近づけた気がするの画像3
pixta_54763806_M

理想の母親じゃなくてもいい



思い返すと、理想像である「何があっても動じない、いつも笑顔の母親」でありたいがために、これまでも、たくさん自分の気持ちを見ないふりをしてきました。

自分が疲れたりイライラしたりしていても、子どもには笑顔で接しなければならない。
そんな風に思っていました。



そこから外れてしまった時は必要以上に罪悪感を覚え、自分を責めていました。

でも、そんな弱い自分だって別にいい。


そう思えるようになってから、子どもたちに対してもおおらかに構えられるようになりました。

子どもの前では笑顔じゃないと、と思っていた時よりも笑顔が増えた気がしています。



今回は、自分の思いこみに気付くきっかけを、かけっこでビリだった息子がくれました。

育児って本当に学びが深いなあと思ったある秋の出来事でした。


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
あめのの画像
あめの

2歳息子と1歳娘の母、あめのです。

年子育児に奮闘しつつ自分と向き合う日々は
慌ただしいですが宝物です。

育児・美容情報などをまとめたサイト「あめ...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. はじめての運動会でビリ。その姿で「いい母親」に近づけた気がする