1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. みんな入園可だけど「保活」はある!ワーママ&イクメン大国ベルギーの保育園事情

みんな入園可だけど「保活」はある!ワーママ&イクメン大国ベルギーの保育園事情

みんな入園可だけど「保活」はある!ワーママ&イクメン大国ベルギーの保育園事情のタイトル画像

日本では、とにかく保育園に入れるために!と奮闘するケースが多い保活。似ている点も異なる点もあるベルギーの保活は、とても興味深くて…?

「ない」ように見えて「ある」!ベルギーの保活


まいどおおきに!さとえみです。

ワーキングマザーが多く、イクメンなパパも多いベルギー。

今回は、そんなベルギーの「保活事情」についてお届けします。

みんな入園可だけど「保活」はある!ワーママ&イクメン大国ベルギーの保育園事情の画像1


ベルギーの保育園は素晴らしい“らしい”んですよ!

まず、数が足りているので、「希望する保育園全てに断られる」ということがありません。

専業主婦・主夫がいても利用できますし、保育料が安い(税金からの還付あり)。

日本から引っ越してきたばかりの人ですら、必要な手続きをすれば入園できるそうです。


そのような声を多く聞いて、私も「ああ…ここはなんて素晴らしい国なのだ…保活なんて縁遠いんだろうな…」と思っていたのですが!

親戚筋から「妊娠したから、A保育園とB保育園とC保育園を見学してみたの!」というような話も聞きまして…。

詳しく話を聞いてみると…?

みんな入園可だけど「保活」はある!ワーママ&イクメン大国ベルギーの保育園事情の画像2


どうやら、園によっては依頼している掃除業者の質にバラつきがあり、掃除が行き届いていないこともあるのだとか。

また、役所に問い合わせた際の担当者によっては、各保育園の情報についてきちんと案内されないケースもあるのだそうです。

これはものすごく「ベルギーらしい」ところ。

この国のことをよーく知っている真面目な人からすれば、「とりあえず自分で足を運び、自分の目で確かめる」という意味での「保活」は、必要なプロセスなんだろうと思います。

日本とベルギーの「保活」。共通点は…?


このように、日本で多く見られる「とにかく保育園に入れるために」といった趣旨とは異なりますが、意識の高いお宅の場合には発生するベルギーの保活。

ちょっと違う面もありますが、両国の保活には共通点もあるのです。


まず、保活スタートが「妊娠発覚後」という早期タイミングだということ。

そして、悲しいかな、保活に熱をあげるのはほとんどが「女性側」だというのも同じです。


ベルギーの女性は、産後も仕事をやめない人がほとんどなので、会社側の理解もあります。

でも、それでもやはり女性が主体的に動かないといけない。

ワーキングマザーが多く、イクメン大国のベルギーですら…。

いや、イクメン大国だからこそ…なのかもしれません。

なぜなら

みんな入園可だけど「保活」はある!ワーママ&イクメン大国ベルギーの保育園事情の画像3


そうなのです。

イクメン大国であり、会社の理解もあるベルギーでは、男性でも育休をとったり時短勤務にしたり…。中には、1年ほど育休をとる男性もいます。

「ボクがいるから、保育園なんていらないじゃない?」みたいな逆転現象が起こるのです!

っていうか、我が家がまさにそんな感じやったので、ベルギーのありがた〜い保育園を利用できませんでした!!


…冒頭から、「らしい」「らしい」と不確かな言い回しに終始していた理由はこれです。

こんなにも素晴らしい制度を、我が家は、利用、デキナカッタ…!


そんな私は、後にベルギーの幼稚園に救われるのですが、それはまた別の機会に!

ほなまたね!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
さとえみの画像
さとえみ

ベルギーの片田舎に生息するお絵かき好きの主婦です。
ベルギー人夫ヤンと共に二人三脚で三姉妹を育てています。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. みんな入園可だけど「保活」はある!ワーママ&イクメン大国ベルギーの保育園事情