1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3-6歳児
  6. >
  7. 運動会は新世界への入り口だった! スケールの大きさに圧倒されて…

運動会は新世界への入り口だった! スケールの大きさに圧倒されて…

運動会は新世界への入り口だった! スケールの大きさに圧倒されて… のタイトル画像

うちの地域には、年長の園児たちが入学予定の小学校の運動会に参加する…というイベントがあります。初めての小学校での運動会。そこには保育園とはまったく違う新しい世界が広がっていました。

校長先生からお便りがきた!


5月のある日、我が家のポストにお手紙が届きました。

噂に聞いていた、小学校の運動会のお誘いです!

わが家のエリアでは、年長児が小学校の運動会にお呼ばれして、「来入児種目」なるものに参加します。

お便りには、子供向けにひらがなで書かれた「まってるよ」のメッセージと校長先生のお名前が。

なんだかパーティーの招待状をもらったようで、息子も「え~、小学校~?」と、ニヤニヤ。

先日ランドセルを買ったこともあり、小学生になるのを楽しみにしていて、もう待ちきれない!といった感じでした。



運動会は新世界への入り口だった! スケールの大きさに圧倒されて… の画像1
pixta_25154863_M

小学校の運動会、そのスケールに圧倒!


当日、息子には保育園の体操服を着せ、水筒を持参して来入児種目開始の30分ほど前に小学校に到着。

その校門には、「当日、朝6時以前の場所取りはご遠慮ください」の文字が。


6時って…。場所取りが大変とは聞いていますが、お弁当も作るだろうに、パパが協力できない家庭はどうするのでしょうか?

来年を想像して、ドキドキしてきました。


そして、入ってびっくり、すごい人数です!!


地域屈指のマンモス校のため、児童だけで1000人近く。

さらに、親、祖父母、来賓、地域の方などもいて、広い校庭には大人がぎっしり。

たくさんのテントが立ち並び、体育館も休憩所として開放されています。


熱中症対策なのか、かき氷屋さんが来ていることも驚きましたし、卒業生らしきお姉さんたちが友人同士で来ているのも意外でした。

なんだか、「小学校の運動会」というより「地域のお祭り」に近い感じです。


保育園の運動会は町のホールでやっていたので、スケールが全然違う…。


息子もビックリしたのか口数少なめ。

じっと、グラウンド中央で進行中の種目を眺めています。


運動会は新世界への入り口だった! スケールの大きさに圧倒されて… の画像2
pixta_26765990_M

小学生と園児との差に愕然。最近の自分を反省した


そしてもう一つ驚いたのが、小学生がとてつもなく大きく見えること!


1才しか違わない1年生も、大人数でしっかり揃った踊りを披露していました。

(これ、うちの子に来年できる気がしないんですけど。)


3年生のリレーは、ものすごい速さに言葉を失いました。

(うそでしょ。全員、オリンピックを目指すスーパーアスリート小学生じゃないの?)


5年生の踊りは、まるで地響きがするような迫力。

(地面揺れてる、絶対揺れてる。)


そして特に、年長さんたちのお世話をしてくれた6年生。

腕章をつけて、しっかりお仕事をしている姿がまぶしかったです。


息子は年長になっておしゃべりが達者になり、年少さんのお手伝いをする機会も。

最近「いやー、大きくなったな~」と思う反面、ここまでは出来てほしいと期待することも多くなっていました…。

考えてみれば、まだ5才。

5年しか生きてないんですよね。


小学生とは全然違うし、できないことがたくさんあって当たり前です。

最近、つい小言が増えていた自分を反省しました。


運動会は新世界への入り口だった! スケールの大きさに圧倒されて… の画像3
pixta_6120296_M

いよいよ「来入児種目」に挑戦!


息子の参加した「来入児種目」は、先生や6年生に連れられて入場し、少し走ってメダルをもらって帰ってくる、というものでした。

最初こそ、私を探してキョロキョロしていましたが、一旦入場すると、しっかり参加できました。

シンプルながら、たくさんの拍手をもらい、上級生のメッセージ付き手作りメダルを受け取ってうれしそう。

それにしても…。


保育園の運動会は参加人数が少ないので会場も小さく、息子の出番の間もすぐ近くで見ることができました。

それに比べて小学校のグラウンドはなんて、広いんでしょう。

こちらも息子の姿を失わないよう、目で追うのがやっとです。


まだこんなに小さいのに、母から離れて社会に入っていく最初の一歩が小学校なんだ、と痛感しました。


小学校生活を垣間見て…


短時間ながら、運動会への参加は本当に意義があったと思います。

まずは、小学校の雰囲気を肌で感じることができたこと。

「大きくなったらうちの子もこんな感じかな」と育児の見通しが持てたこと。

さらに、園のお友達の中で、どの子が同じ小学校に入るのかも大体知ることができました。


ちなみに。

小学校では緊張気味だった息子ですが、なぜか帰宅後、「運動会って言っても、メダルもらっただけや~ん」と余裕ぶっていました(笑)。

本人なりに、一生懸命、小学生に近づこうとしているんじゃないかな、と感じます。


来年から、楽しく通ってくれたらいいなと願っています。



当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ぺい子の画像
ぺい子

こんにちは!
九州在住、5才息子(2013年生まれ)の息子を育てる母です。
がっつり仕事しながらで忙しい毎日ですが、毎日息子に癒されています♪...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3-6歳児
  6. >
  7. 運動会は新世界への入り口だった! スケールの大きさに圧倒されて…