1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 7-12歳児
  6. >
  7. 「何で勉強しなきゃいけないの?」小1の疑問に本気で出した3つの答え

「何で勉強しなきゃいけないの?」小1の疑問に本気で出した3つの答え

「何で勉強しなきゃいけないの?」小1の疑問に本気で出した3つの答えのタイトル画像

「何で勉強しなきゃいけないの」「宿題面倒くさい…」小1にしてぼやきはじめた息子。学童の上級生たちに影響されてしまったよう。はてさて、どう伝えようか。勉強って、なぜした方がいいのでしょう?

「勉強イヤだ」「宿題、面倒くさい」を連呼するようになった


小学校入学と同時に、学童に入った長男。

6年生まで在籍している学童では、高学年の子どもたちの「宿題面倒くさい」「勉強つまらない」といったぼやきが聞かれることも。

その影響を受けたのか、長男も5月頃から「勉強は嫌だ」と言うように。

とはいえ、計算ができた瞬間など、「わかった!」というときは何だかんだ楽しそうな素振りも見せます。

上級生たちに感化されて、「ちょっと悪ぶりたい」「格好つけたい」という思いも根底にあるのかなと感じました。


とはいえ、言葉の持つ刷り込み力は強いもの。

このままでは、本当に「勉強=嫌なもの」という図式が固定化してしまうのでは…。

小1でそれは早すぎる…!

何とかして、勉強のイメージをポジティブに変換させたいなと考えました。


知っていることが増えると、できることが増える


我が家では、まだ決まったお小遣いを渡していません。

ただ、自分で何かを買うという行為には興味津々の息子。

買い物に行くと、きまって私からお金を受け取って、自分で手渡したがります。

そんな息子の姿を見て、「そもそも買い物をするには計算力が必要だよな…」とピンときた私。

「自分で計算ができるようになったら、自分の好きなものを買えるよね」と伝えてみると、「よっしゃー!」と喜んでいました。


また、本を読むのが好きな息子。

「ひらがなを覚えたから、自分で好きな本やマンガを読めるようになったでしょ?

知っていることが増えると、できることが増えるよね」と伝えたところ、納得できたようです。


「何で勉強しなきゃいけないの?」小1の疑問に本気で出した3つの答えの画像1
pixta_34450117_S

新しい知識を得ることで、知らない誰かと仲良くなるきっかけにもなるかも


幼稚園時代も今も、海外にルーツを持つ同級生がちらほらいる息子。

我が家のお隣にも、海外の方が一家で住んでいます。

「どうやら世界は広いらしい」

「いろんな人がいるらしい」

「こんな食べものを食べる人たちもいるらしい」

そうした色々なことを学んで知識をつけることで、ルーツの違う相手とも仲良くなれるかもしれないよね。

そんな話もしています。


また、「多様性」が叫ばれる今の時代、学校でも障がいの有無やLGBTなどの話を聞くことがあるようです。

新しい知識を得ることで、価値観が広がる。

そうすれば、見える世界も広がっていく。

そんなことを、これからもポジティブに伝えていきたいと考えています。


子どものためにも、自分のためにも。親が「楽しみながら学ぶ背中」を見せ続けたい

この記事を書いた人
卯岡 若菜の画像
卯岡 若菜

小3、小1のよく食べる男児ふたりの母。予想以上のヤンチャぶりに毎日白目を剥いています。車に子どもを乗せて、どこへでも行く関東民。カラオケ好きなのに、子どもと行く...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 7-12歳児
  6. >
  7. 「何で勉強しなきゃいけないの?」小1の疑問に本気で出した3つの答え