1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3-6歳児
  6. >
  7. 観光地でバチバチ夫婦ケンカ!準備不足がまねいた子連れ海外あちゃ~事件

観光地でバチバチ夫婦ケンカ!準備不足がまねいた子連れ海外あちゃ~事件

観光地でバチバチ夫婦ケンカ!準備不足がまねいた子連れ海外あちゃ~事件のタイトル画像

子連れ海外旅行というと、必要な物や子どもの急病への備えなど、心配ごとがたくさん。しかし我が家の台湾旅行では、一番のハードルはまさかの夫!?事前の話し合いの大切さを痛感することになったのです。

荷物ばかり気にしていた出発前


今年の春、台湾にいきました。

若い頃は一人でフラッと海外に出かけたこともあるものの、今回は初めての子連れ。

海外は新婚旅行以来で、実に8年ぶりです。

心配性の私は、持ち物をあれこれシミュレーション。

多めの服、雨具、薬、おやつ、おもちゃ、絵本、洗面用具、おねしょ対策と、色々な荷物を詰め込みました。

ところが、現地で拍子抜け。

要るかな?と迷った物のほとんどは、なくても大丈夫でした。

息子はもう5歳でしたし、何と言っても台湾は便利。

ちょっと郊外でもコンビニを見かけましたし、台北の街中には日本製品を扱うドラッグストアまであります。

しかも、観光地やホテルなら日本語もかなり通じる!

「これは楽勝かもしれない」と楽観的に考えていました。

まさか、別のところで困難が生じるとは思ってもいなかったのです…。



観光地でバチバチ夫婦ケンカ!準備不足がまねいた子連れ海外あちゃ~事件の画像1
pixta_41320204

のんびり派の私 VS アクティブ派の夫


最初に気になったのは、夫との危機管理意識の差。

テンションが上がって走り出す&何でも触ろうとする息子に、私は、「離れないで!」「前を見て!」「触らない!」と、ほぼ一日中叫んでいました。

一方、夫は「大丈夫だよ」とのほほん。

ちょっとはあなたも見ててよ!と、イライラ。

そして次に、夫の立てた旅行計画。

ものすごく予定が詰め込まれており、日によっては分刻みのスケジュール。

朝ごはんを食べる暇なく早い時間の電車に乗ったり、走って乗り換えたりということも!

連日、長距離移動する予定になっていました。

あれ…?

私、「のんびりしたい」「あんまり予定を入れないで」って、何度か言ったんだけど…。

そして私が唯一出した要望・台北街歩きが、行けたら行くって感じになってるけど…?

夫は旅行関連の会社に勤めていたこともあり、そのような手配が大好き。

夫に任せていた私も悪いのですが、だんだんしんどい旅になってきました。




詰め込みスケジュールに不運が重なり体力消耗


息子は元々ママっ子ですが、初海外の興奮もあってか、旅行中はとくに私にべったりになりました。

「手をつなぐのはママじゃないと嫌」

「僕のリュックはママが持って。パパじゃだめ」

乗り物での移動中もほぼ寝ることなく、「あれは何?」「これ見て!」「あそぼ」と、私にだけ休みなく話しかけ続けます。

私も心配性なため、国内旅行とは違った緊張感があって、いつも以上に消耗していきます。

さらに、旅行中、毎日雨が降りました。

現地の方いわく、普段はこんなに降らないそうで、運が悪いとしか言えません。

靴がビショビショになり、息子に長靴を、私はビーチサンダルを買いましたが、これがまた歩きにくい。

片手に傘と荷物、片手に息子、足元ビーサンで、弾丸スケジュールをこなす羽目に。

両手がふさがっているので、気になる景色があっても写真一枚撮れません。

息子も疲れが出てきて頻繁にぐずるようになり、3日目くらいから目の下にクマが…。

タクシーに乗るつもりの場面で捕まらず、私と息子が倒れそうな時も、夫は一人だけ元気です。

「歩いたほうが早そうだね~。」(スタスタスタスタスタ)

え、ええええええぇぇぇぇ~…。

こんなことが、ちょこちょこと起こりました。



観光地でバチバチ夫婦ケンカ!準備不足がまねいた子連れ海外あちゃ~事件の画像2
pixta_34708895

疲労のピークでついに夫婦喧嘩に


旅行先で喧嘩をするのが嫌で我慢していたのですが、とうとう険悪ムードになったのは、一番楽しみにしていた夜市でのこと。

台湾屈指の観光地は、名物グルメを求める人で大混雑です。

海鮮を食べたかった私ですが、息子が別の物を食べたがり、その後「ゲームしたい」「ホテルに帰りたい」とぐずってグダグダになってしまいました。

探している海鮮のお店はなかなか出てこない…。

私「もういいよ、帰ろう。息子もフラフラじゃん」

夫「海鮮食べるんでしょ?」

私「疲れたもん」

夫「後から、食べたかったのにって文句言わないでよ?」

私「そりゃ食べたいよ!!!(怒)」

なんとくだらない夫婦喧嘩でしょう、結婚9年目でこの有様です。

結局、眠いのを我慢しながらかろうじて海鮮を食べ、翌日は3時間ほど息子と離れてのフリータイムを作ってもらうことになりました。




大事なのは余裕と話し合い


反省点としては、やはり、余裕のあるスケジュールにすべきだったということと、事前にもっと話し合っておくべきだったということ。

「行き先のイメージが頭に入っていて、一人で歩ける身軽な男性」と、「5歳児&子の世話をする母」では、旅行のペースが全然違うのに…。

夫も久々の海外でテンションが上がり、そのあたりが抜け落ちていたようです。

そして帰国後、「なんでこんなに疲れたんだろう?」と考えて気づいたのですが、今までの国内旅行では、自家用車やレンタカーでの移動だったということ。

移動中は、運転の夫は大変だけど、私と子供は休憩。

現地に着いたら、夫はのんびりで私が息子を追いかけまわす。

こんな感じで、うまくバランスが取れていたようです。

現地では夫にイライラしつつも、「国内旅行は、楽させてもらってたんだなぁ」と、ちょっと感謝の念も生まれたりした台湾旅行だったのでした。


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ぺい子の画像
ぺい子

こんにちは!
九州在住、5才息子(2013年生まれ)の息子を育てる母です。
がっつり仕事しながらで忙しい毎日ですが、毎日息子に癒されています♪...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3-6歳児
  6. >
  7. 観光地でバチバチ夫婦ケンカ!準備不足がまねいた子連れ海外あちゃ~事件