1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3-6歳児
  6. >
  7. “ママ大好き男子”の自立大作戦!…はりきりすぎた失敗談

“ママ大好き男子”の自立大作戦!…はりきりすぎた失敗談

“ママ大好き男子”の自立大作戦!…はりきりすぎた失敗談のタイトル画像

我が家の息子は、一人っ子ということもあってかママにべったり。幸せだけど、ふと頭をよぎる不安…。「ちゃんと自立できるようになるの?」「大人になって、結婚してからもママが大好きすぎたらどうしよう」そこで、私の立てた作戦をご紹介します。

とにかく“ママLOVE”な息子


5歳の息子はとにかくママが大好き!

私がしゃがんだ時など、顔が近づいたチャンスを狙ってほっぺにチュー。

自転車の後部座席で、私の背中をつんつんとつつきながら、「あのねー、ぼくが好きなのはこの子!」(親を“この子”呼ばわりかい!)

寝る時には、私の手を握って「ママのおててが大好物~」と上機嫌。

今までは、男の子ママの醍醐味とばかりに、思う存分このようなラブラブモードを楽しんでいました。

しかし、来年はもう1年生。

そろそろ、親離れに向けて準備を始めたほうがいいのかな、という気がしてきました。

そこで私は、2つの作戦を実行することにしたのです。



作戦その1:お手伝いをしてもらう


将来の自立のために、やはり“家事力”は欠かせません!

ママと仲良しなのは嬉しいけれど、ぜ~んぶママにやってもらいたい!となってしまっては困ります。

そこで、洗濯物干しで、靴下やハンカチなどの小物を干すのは息子の係に。

ご飯の前にはテーブルを拭いてもらう。

…などなど。

時間のある時には、夕飯後のお皿洗いもお願いしました。

着替えなど、自分のことはかなりできるようになってきたので、お手伝いがレベルアップしていくことで、ママがいなくてもできる!という自信をつけてほしかったのです。


“ママ大好き男子”の自立大作戦!…はりきりすぎた失敗談の画像1
pixta_26128112_S

作戦その2:将来は自立するものだと伝える


もう一つの作戦が、「いずれ自立するんだよ」「親元を離れるんだよ」というのを、やんわりと伝えていくこと。

ずっと親元にいるのが悪いとは思いませんが、「一度は親元を離れて生活してみなさい」というのが、私と夫の考えです。

また、地方在住のため、家を出ることに抵抗感がないほうが、進学や就職の選択肢が広がるだろうという事情もありました。

たとえば、テレビで海外の場面が流れると、「こんな国に留学するのもいいね!」と言ってみたり、絵本に素敵な家が出てきたら、「将来は、どんな家に住むのかなぁ」と話してみたり。

息子にはまだピンときていないようですが、「ふーん」という顔をして聞いていました。



キツイ言葉で大失敗。まだ早すぎたと反省…


そして、2つの作戦を実行していると、こんな出来事がありました。

寝かしつけをしながら、息子と家の間取りについて話していた時のことです。

「この和室は、今はママと一緒に寝てるけど、そのうち、子ども部屋にしようか。息子くんがおうちから出て行ったら、その後は~」

私としては、ただの会話のつもりでした。

しかし、これを聞いた息子、一瞬で顔色が変わります。

「ぼく、おうちから出て行くの!?」

目をまん丸にしてこっちを見ている!

じわじわと涙が浮かんできている!!

この反応に、私は大慌て!!

「もっとずっと先の話だよ」

「いつでも帰ってきていいんだよ」

「パパも、ばぁばと離れて暮らしているけど仲良しでしょう」

慌ててフォローしたけど、ぐすぐすと泣き出す息子…。

どうやら、「おうちから出て行く」という言葉がキツすぎて、ショックを受けてしまったようです。

自分の言葉に大反省…。

その日は、ギュッと抱きしめて眠りました。


まだまだ甘えん坊の今を大切に


大人からすれば5年や10年なんてあっという間だけど、子どもは、今日や明日のことで頭がいっぱい。

焦らず、もっと“今”を大事に過ごしてもよかったのかもしれません。

よく考えてみれば、将来家を出て行くのは、やりたいことをするためのプロセスであって、それ自体が目的ではないのだと気づきました。

「将来何になる?」
「どんな大人になりたい?」
「どこに行ってみたい?」

将来のことを話すにしても、こういうポジティブな声かけをしよう、と反省したのでした。

そんなわけで、作戦2は一旦中止。
もうしばらく、息子とのラブラブモードを楽しもうと思います。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ぺい子の画像
ぺい子

こんにちは!
九州在住、5才息子(2013年生まれ)の息子を育てる母です。
がっつり仕事しながらで忙しい毎日ですが、毎日息子に癒されています♪...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3-6歳児
  6. >
  7. “ママ大好き男子”の自立大作戦!…はりきりすぎた失敗談